久々に休み

 2月になってからどんどん忙しくて、先週から休日出勤でずっと出社しておりました。
今製作している装置が納品までいける目途が立って、あと一息といったところ。
まぁ3月になってからも試運転立ち合いとか色々あるんですけど。
制御のラダープログラムも自分で作ってるんですが、まだまだ時間が掛かりそうな気がしますが…。
まぁそれはさておき今週の土日は久々に休みなので、土曜はのんびり…といきたいところですが艦これのイベントが始まるんですねぇ。
ゆっくり攻略していきたいかなぁ。
日曜日はワンフェスがあるので幕張に行く予定なので、前回よりももっと攻略が遅くなりそうな予感。

 最近は家に帰ってもガッツリとゲームやるかーって感じでもなく、スマホでちょくちょくゲームやっていつの間にか寝てしまう、そんな日々でした。
きららファンタジアはまだ続けてますが最近あたらしく始まった、アリス・ギア・アイギスとかやってます。
マイナーなゲームな感じですが、正直なところ割と嵌っていたり。 
スポンサーサイト

東山奈央 1st LIVE “Rainbow” at 日本武道館 行ってきました

 最近は仕事の忙しさが加速度的に高まってきていて、朝早いし帰りも遅いのであまり趣味に費やす時間が取れていないわけなのですが、本日2月3日は声優・歌手の東山奈央さんの歌手デビューしてからの1周年を迎えての1stLIVEの開催日!ということで仕事は忘れてライブを楽しんできました!

180203.jpg


 もうほんとに良かった!凄く盛り上がった!
感動してこっちも泣けてきた!という感じで凄く楽しい3時間で、あっという間でした。
昨年発売されたアルバム、Rainbowがライブのタイトルにもなっていますが、同曲の作詞・作曲も本人がされたという事で色々裏話とか本音の想いとか、込められたものが色々伝わってきて感慨深い。

 会場も日本武道館!しかも1stライブで!という凄いですねホントもう。
武道館ライブというと歌手にとっては凄いことで一つの到達点だと思うし、これから歌手としてもっとすごいライブも期待できそうだなぁ。いやぁ~、良かったなぁ。
武道館には私は初めて足を運んだのですが、2階席で後方気味でしたが会場全体が良く見渡せて、席の勾配も結構あってステージも良く見える感じ。
公式グッズ販売で売っていたサイリウムが、近年広まりつつある無線制御型で遠隔操作で自動的に色や発光パターンが切り替わるんですね。
観客席がキラキラきらめくようで、凄く良い演出効果になっている感じ。


 歌手デビューしてからの楽曲がメインで、もちろん盛り上がって感動して大盛り上がりしたのですが…
これだけは書きたい!
なんと!かのんちゃんのキャラソンである「らぶこーる」「ハッピークレセント」も歌ってくれました!
最後の曲→アンコール→再登場での「らぶこーる」というサプライズ的な演出だったので、とってもビックリ&感動して涙目でした。
ちゃんと黄色いリボンしての登場だったので、かのんちゃんとしても武道館ライブついに!って感じで凄く感慨深い。
ハッピークレセントは超盛り上がりました!
かのんちゃんの曲をまたライブで聞けてとても嬉しい。
楽曲のレーベルが違うのに許可を得て実現したという事で、ありがとう!!
本人の想いもあって、凄く盛り上がったライブになったと思います。

 このライブは後日BDで映像として発売されるようなので、楽しみですね。
後で思い返して、今の気持ちを思い出すんだろうな。
それと、東山奈央公式ファンクラブ「虹のわっか」がスタートということで、さっそく会員登録してみたり。
今後の活躍も期待しております。
楽しい一日でした! 

リディー&スールのアトリエ クリアしました

 先月からプレイしているPS4のゲーム、「リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~」をクリアしました。
以下ネタバレも含みます。


ただ単にエンディングを見た、というわけでなく…

180122_0.jpg

 プラチナトロフィーまでゲットしました!
本筋ストーリーはクリア前にセーブしておいて一度エンディングを見た後、
トロフィー取得目的で強敵を倒して回ったり、すべてのコンビネーション技を見たり、等々
色々あってようやく全てのトロフィーをゲットしました。
結果的に、このゲームを余すと来なく堪能できたという感じで達成感がありますね。
アトリエシリーズは何本かやってはいるけどプラチナトロフィーまでやったのは初めてかも。

180122_1.jpg

 リディー&スールのアトリエ、であるが不思議シリーズの集大成という感じで、1作目主人公ソフィーの相方であるプラフタがなんと人形の身体から生身の肉体になったりとか、過去作キャラにまつわるイベントも盛りだくさんで、イベントを追っかけるのが凄く楽しかったです。

180122_2.jpg

 エンディングに必要なのは品質200以上のアイテムがあれば問題なさそうなので、とりあえず賢者の石を作ってセーブしたのちグッドエンディングを見て、データをロードしてお金稼ぎとかキャラの強化に邁進。
それなりの特性を持つ武器、防具、装飾を人数分作るのが結構大変でしたが、強い特性を掛け合わしていったり増やしたりといった調合も色々悩ましいですが楽しいですね。
ちなみに賢者の石も価格ダウン特性付を再度作りコルちゃんに増やしてもらって、調合にバンバン使っておりました。
触媒として万能すぎるので、たぶんこのゲームをプレイする人なら皆そうなるはず。

180122_3.jpg

 ストーリー的なボスよりも強い、強敵。
戦うごとに強くなっていくので最終的には割と接戦でした。
パルミラは前作にも出ていたようなのですが、フィリスのアトリエはそこまでプレイはできてなかったので知らなかったけど、まぁ双子目線で話が進行するので前作やってなくても問題ない感じかな。

180122_4.jpg

 さらにテルミナという同等の強さの強敵も。
HPの多い強敵とじっくり時間をかけて戦うのはRPGっぽくてなんか良いですね。
こちらのHPがガッツリ減ったけど耐えた!回復!!とか、
相手のターンになるまでもう一回攻撃する余裕があるな~とか、
久々にこういうゲームで熱い戦いができた気がする。

180122_5.jpg

 最後に、ストーリー自体も十分楽しめました。
このゲームは、世界の危機を救うとかそういう物ではなくて、何気ない日常を変えていく夢と冒険の物語って感じですね。
多少シリアスな部分もあるけど基本的にはほんわかした世界観のなか、可愛い双子たちが繰り広げるハートフルなドラマを見るような感覚。
プレイした後にやさしい気持ちになれる、そんなゲームでした。

 なによりキャラクターが可愛いし、セリフもフルボイスなので全てを聞きながら進めると結構時間が掛かるのですが、その分世界観に浸れて楽しかったです。


 とりあえずエンディングも全部見てプラチナトロフィーも取ったことだし、一先ずは満足したのでプレイは一区切りかな。
ちなみに今後DLCがでるようですが、シーズンパスで8,800円とゲーム本編並みの金額らしい。
う~ん、欲しい物だけバラで買って楽しむかな~って感じですかね。 

思ったほど角度は

 急降下爆撃の続き。

180118_1.jpg

 理論上、ターゲットの直上から投下すれば誤差は減ってくるのでなるべく垂直に急降下することを意識して練習。
しかしというかやっぱりというか、ホントに直上からだと狙いを定めるのが非常に困難ですね。
なのでわざとレティクル外にターゲットをおいて急降下していき、投下寸前で合わせて…という感じに落ち着いたかなぁ。
ある程度角度が無いと狙いが定められませんね。

 180118_2.jpg

 外部で見ると結構斜め後ろから傾きながら降りてるな~とかわかりますね。
ちなみに上の画像の照準で、左舷側至近に着弾となりました。まぁ妥当。
ん~、降下中に滑っているのが分かったら横方向にも照準修正をかけるべき、ということか。
といっても分かりにくいんですよねぇ…。

180118_3.jpg

 投下後の爆弾。
角度を測ったら約67°でした。
プレイ中は体感80°ぐらいありそうだな~と思っていても、案外そこまででもないという事かな。
頑張って直撃させたいんだけど、そう簡単には当たらないなぁ。 

久々に急降下爆撃

 ミッションエディタで急降下爆撃練習用のミッションを作って、久々に爆撃訓練をしておりました。
機体はもちろんJu87で!

180114_1.jpg

 プレイ中にレコードを撮って後で見直して、どんな爆撃だったか(機体の姿勢や降下角度など)をチェックするってな感じで練習しています。
上の画像で約65度の降下角度でした。

180114_2.jpg

 投下時の見え方。
ターゲットは駆逐艦で、レティクルのリング下縁で船体中央部を狙ってます。
ちなみに走らせておらず、川に浮かべているだけです。

180114_3.jpg

 実際の着弾点。
艦橋の下、超至近距離に着弾。
照準よりも左にずれているなぁ。
というのも、実際機体が横滑りしながら降下してしていたため(左翼が右翼よりも下がっている感じ)
それを加味すると必然と呼ぶべき事でしたが。

 過去に何度か同じことを書いたかもしれないけど個人的に急降下爆撃での一番の問題がこの横滑り。
目標に照準を合わせることに集中する関係上機体が斜めになったまま降下しがちで、重力による落差が見当違いの方向に現れてきて目標を外すパターンですね。
大きな横滑りは機首が上がってくる向きと目標の位置関係で修正することはできますが、あまり正確には…という感じで。
降下角度を浅くすれば御し易いですが、落差が大きくなるので照準が難しいところですね。
奇麗に降下する事のなんと難しいこと…。

180114_4.jpg

 ちなみにこの駆逐艦ですが、ソ連のグネフヌイ級駆逐艦のようですね。
オブジェクト名でもtype7となっていたのでたぶん間違いないと思う。
まだBoSシリーズは艦種少ないですが、もっと大型艦も欲しいなぁ。
Battle of Bodenplatteでは艦は期待できそうにないけど、戦車とかは大量に追加されそうですね。
太平洋戦線に期待…といっても来年以降だろうしなぁ。
う~む。