VRに大興奮

 IL-2:BoSのバージョン2.009がリリースされました。
これでVRに対応になったということで、さっそくVRモードでプレイしてみました。

170412_1.jpg
※スクリーンショットは片目分しか撮れないみたいです。

 上は飛行前のメニュー画面なわけですが、もうここからして凄かった!
ゲームを起動してすぐこの格納庫内が表示されるのですが、飛行機がまさに実物大に感じられて、超感動した!
前に航空博物館で見た大戦機(実機)のイメージそのままな大きさと存在感が凄いリアルで、興奮のあまり思わず歓喜の奇声が出てしまった(笑)。

170412_2.jpg

  コックピットでの画面。
実施に視野内に入るのは、体感的にこの画像の内2/3領域ぐらいでしょうか。
特に画面の境界とかは見えず、VRゴーグルの先は違和感なくVR空間でした。
スクリーンショットじゃ絶対伝わらないんですが、立体に見えるとかそんな半端なものでは無くて、まさにコックピットに居るかのごとくですね。
照準器や計器板、エンジンカウルや主翼など、見える物の物理的な距離感・大きさが感じられてこれまた大興奮であります。

 そして何より飛行機なので空を飛ぶわけですが、当然ながら空から見下ろす地面というものがよりリアルに感じます。
空に関しては、そんな地表の上の空間という感じで立体感のある空間として感じられます。
うまく言葉にできませんが、凄いの一言ですね。

 軽く空中戦もしてみましたが、一番変化があるのが後方を見るときですね。
180度後方を確認したいときには、リアルに180度後ろを向く必要があります。
TrackIRですとリアルでは軽く斜めを向くだけでゲーム内視点を一瞬で真後ろに向かせることも可能ですが、VRでは身体ごと捻って後ろを振り向かないと見ることはできません。
忙しい空中戦のさなかにこれをやるのは結構しんどくて、実際のパイロットは大変だったんだなぁと改めて痛感致しました。


 一度に語りつくせませんが、とにかく凄くて久々に大興奮でした! 
スポンサーサイト

急降下爆撃と戦車

 HoI4のせいで一週間ぐらい間が開きましたが、次の動画用プレイとかやってます。

170124_1.jpg

Stuka!
やっぱカッコいいですね。
爆弾はSC500x1個。
急降下爆撃で…

170124_2.jpg

 動いてる戦車狙ってます。
爆弾は着弾と同時爆発ではなく、2秒ぐらいのタイマーが掛かってからの爆発となっています(Default設定では)。
なのでその分戦車が前進する先を狙って投下する感じですかね。
もちろん着発にすることもできるんですが、急降下爆撃だと至近距離で爆風を食らう恐れもあるのであまりお勧めしないかも。
ある程度の高度があれば問題ないだろうけど、その分命中精度は落ちてしまいます。

170124_3.jpg

 超近距離なら爆弾で戦車が倒せます。
が、至近距離に落とすというのがかなり難しい。
爆弾のリリースから着弾、着弾からタイマー起爆までの時間に戦車が移動する距離を考え、さらに爆弾が重力で落下する距離を考慮すると、実際に見えている目標のかなり前方を狙わないといけない。
わずか数秒のことではあるのですが、細かい機体のコントロールが必要なので大変です。


 ちなみにこの戦車はKV-1だったかな。
戦車は詳しくないので細かい仕様についてはさっぱりです。 

初日の出フライト2017

 一日経っちゃいましたが、昨日1/8にIL-2初日の出フライト2017が開催されました。

170108_1.jpg

 機上で迎える初日の出。
改めてあけましておめでとう。
太陽があの位置に瞬間的に出てくるため、日が“生まれる”と揶揄される。

170108_2.jpg

 最後に皆で集まって撮影会。
爆撃機の存在感が凄い(笑)

170108_3.jpg

 今回の私の参加機体。
ki-61でリンネちゃん。
最初に言っておくと、未完成です。
想定外に時間が足りなくて間に合いませんでした。
20時58分まで制作続けていたのですが、タイムアップ的な感じでとりあえずのところで参加です。

170108_4.jpg

 胴体下が主翼下とスキン上で左右反転していたりと、かなり位置合わせが難しい機体ですねこれ…。、
焦って制作した結果、あまり構図を練る時間もなく適当です。
しかも、リベットやラインとのレイヤーの上下設定がうまくいってなくて、機体にべた塗みたいな感じになっていまして…。
ちょっと心残りな感じ。

 ちなみになぜ飛燕かというと、飛燕がイタリア機ライクな姿からTonyと呼ばれていたことから、(ちょっと強引ですが)リンネちゃんに合うかなぁと思いまして。
あとスキンテンプレートも持っていたから作りやすいかな、というところで。

 来年はもっと早めに準備しておこう…。 

動画うp【IL-2:BoS】 Bf109でフリーフライト

 予定通り、今年一本目の動画がアップできました↓
【IL-2:BoS】 Bf109でフリーフライト

 今年はたくさん動画作るぞーっということで、まずはテストがてら適当に飛んでみたのを投稿してみました。
今のニコニコ動画の投稿環境に合わせ、ビットレートを2000kbpsに上げてみました。
今までは1000kbpsぐらいだったので、鯖側エンコされてもそれなりに奇麗なはず。
一応同行後の動画を自分でザッと見た感じ悪くないかなと思っております。
昔に比べ、視聴する人のPCスペックや通信速度なども改善したと思うし(とくにフライトシムをするような人なら…?)、なるべく高画質にしたほうがいいかなと。
せっかくゲームが奇麗なグラフィックなんですから、奇麗に見てほしい。
まぁある程度の画質になると、ビットレートを上げても効果が分かりにくくなると思いますし、もしかしたらもう少しビットレートを落としてもそんなに画質が劣化しないかもしれません。

170106.jpg

 今回の動画はクイックミッションで、フリーフライトで飛んでます。
スキンは画像のとおり、プリセットで既にあるやつです。
ZG1の蜂がちょっとかわいいのでこれで飛んでみました。

170106_1.jpg

 スモークジェネレーター
装備画面で、選択して装備することができます。
胴体に1つ(画像参照)か翼端に2つ(動画)を選ぶことができて、装備するとポッドのようなものが装着されます。
一応、どの機体でも選択することができるようです。
ちなみに、装備すると武器(機銃、爆弾他オプション)が使用できなくなりますので、完全に遊覧飛行オンリー装備のようです。

170106_2.jpg

 緑を選ぶとこんな感じ。
これのおかげでただ飛ぶだけでも楽しいですね。
ON/OFFの切り替えももちろんできるので、空に絵を描くとかも出来そうだ(難しいが)。

 BGMは、アニメ:ブレイブウィッチーズのEDのインストと、OSTから数曲。
今回特に戦闘してないので、明るい感じの曲を選んでみた。


そんな感じで第93作目でした。
あ、そういえば動画のタイトルなんですが、
【IL-2:BoS】~~~ とすることにしました。
ほかの人の動画とかも参考にして、やっぱりこれが一番わかりやすいかなと。
今後もこれで行こうと思います。

 次の動画は…急降下爆撃がテーマの予定。 

練習がてら

 1年ぶりの動画制作なので、まずはテスト的な簡単な内容の動画を作ろうと思ってます。
ニコニコ動画のアップロード仕様もちょっと変わっているようですし(強制的に鯖側エンコされる)、画質とかファイルサイズとかの確認をしとこうかなぁと思いまして。

170103.jpg

 特に戦闘は無し、フリーフライトでアクロバティック?に飛んで着陸するだけの予定です。
機体は御覧のとおりBf109Eですね。

 あと、ちょっと悩んでるのが動画のタイトルにつけてた【IL-2】xxx【BOS】というカッコで囲んだ部分。
これは、IL-2 1946までのシリーズとは区別するために【BOS】と付けていた訳なんですが、一昨年や去年まではIL-2:BOSというタイトルのみだったのでこれでよかった。
が、今後はBoM、BoK…と、このシリーズに色々とBattle of ~が統合される形で続いてくるわけで、その都度【BOS】とか【BOM】とか色々あっても大変なので、一つにまとめたいなぁと。
あと、前後に付けるとちょっとタイトルが読みずらいかなと思っているので、シンプルにしたい。

 案としては、
①【IL-2】だけにしてしまう。※1946までと区別がつかない
②【IL-2:BOS】という単一にしてBOSシリーズということを表していく。
③【IL★2】公式ロゴマーク的な新しい感じ。
こんな感じですかねぇ。
 
 公式フォーラムによると、Battle of Kubanの次はBattle of Midwayなんですよね。
しかもその次はBattle of Okinawaときている。
いよいよ待ちに待った太平洋戦争が舞台なわけですが日本でもようやく流行るんじゃないかなぁ、いや流行ってほしいと思っている。
そうなるとこのシリーズで作る動画も、後々のことを考えてわかりやすいタイトルにしたいと思った次第です。