思ったほど角度は

 急降下爆撃の続き。

180118_1.jpg

 理論上、ターゲットの直上から投下すれば誤差は減ってくるのでなるべく垂直に急降下することを意識して練習。
しかしというかやっぱりというか、ホントに直上からだと狙いを定めるのが非常に困難ですね。
なのでわざとレティクル外にターゲットをおいて急降下していき、投下寸前で合わせて…という感じに落ち着いたかなぁ。
ある程度角度が無いと狙いが定められませんね。

 180118_2.jpg

 外部で見ると結構斜め後ろから傾きながら降りてるな~とかわかりますね。
ちなみに上の画像の照準で、左舷側至近に着弾となりました。まぁ妥当。
ん~、降下中に滑っているのが分かったら横方向にも照準修正をかけるべき、ということか。
といっても分かりにくいんですよねぇ…。

180118_3.jpg

 投下後の爆弾。
角度を測ったら約67°でした。
プレイ中は体感80°ぐらいありそうだな~と思っていても、案外そこまででもないという事かな。
頑張って直撃させたいんだけど、そう簡単には当たらないなぁ。 
スポンサーサイト

久々に急降下爆撃

 ミッションエディタで急降下爆撃練習用のミッションを作って、久々に爆撃訓練をしておりました。
機体はもちろんJu87で!

180114_1.jpg

 プレイ中にレコードを撮って後で見直して、どんな爆撃だったか(機体の姿勢や降下角度など)をチェックするってな感じで練習しています。
上の画像で約65度の降下角度でした。

180114_2.jpg

 投下時の見え方。
ターゲットは駆逐艦で、レティクルのリング下縁で船体中央部を狙ってます。
ちなみに走らせておらず、川に浮かべているだけです。

180114_3.jpg

 実際の着弾点。
艦橋の下、超至近距離に着弾。
照準よりも左にずれているなぁ。
というのも、実際機体が横滑りしながら降下してしていたため(左翼が右翼よりも下がっている感じ)
それを加味すると必然と呼ぶべき事でしたが。

 過去に何度か同じことを書いたかもしれないけど個人的に急降下爆撃での一番の問題がこの横滑り。
目標に照準を合わせることに集中する関係上機体が斜めになったまま降下しがちで、重力による落差が見当違いの方向に現れてきて目標を外すパターンですね。
大きな横滑りは機首が上がってくる向きと目標の位置関係で修正することはできますが、あまり正確には…という感じで。
降下角度を浅くすれば御し易いですが、落差が大きくなるので照準が難しいところですね。
奇麗に降下する事のなんと難しいこと…。

180114_4.jpg

 ちなみにこの駆逐艦ですが、ソ連のグネフヌイ級駆逐艦のようですね。
オブジェクト名でもtype7となっていたのでたぶん間違いないと思う。
まだBoSシリーズは艦種少ないですが、もっと大型艦も欲しいなぁ。
Battle of Bodenplatteでは艦は期待できそうにないけど、戦車とかは大量に追加されそうですね。
太平洋戦線に期待…といっても来年以降だろうしなぁ。
う~む。 

BOS MissionEditor

今日はIL-2:BoSシリーズのミッションエディターをちょこっと弄っておりました。
1946でいうフルミッションビルダーみたいな感じで、マップ上に好きなようにオブジェクトを配置したり、飛行機飛ばしたり、車両を走らせたりできるわけですね。
仕様はかなり異なるので、youtubeでチュートリアル動画を見たり、取説pdf見たりして作り方を覚えている最中です。

 180107_1.jpg

 取説見ながら同じように操作して、車両5台が隊列組んで道路上を走るように。
スタートのトリガーとかも指定できて、特定の飛行機が指定範囲内に近づいたらトリガーONして動き出す…てなことができるようです。
タイマートリガーとかフォーメーションコマンドとか、右側のリストから選んで配置して、関連付け先を指定して…という感じで、視覚的に何となく繋がりが分かるようにはできているのかな。
正直まだ全容を把握できておりませんが軽く操作方法はわかってきた。

180107_2.jpg

 SS撮るときブラーが掛かってメッチャ速く見えますが、20km/hの低速です(笑)。
とりあえず指定通りには動いている模様。
ちゃんと隊列を組んで走ってくれています。
先頭車両に各車が関連付けされているので、何両でも追加して好きな編成が簡単に作れそう。

180107_3.jpg

 道の上を走るように指定してあるので、自動的に道に沿って進路変更してくれます。
1946では地道にパスを道沿いに繋げる必要がありましたが、これは超便利だなぁ。

 複雑になっていますが、一度作ってしまえばグループ化して保存でき、それを別のミッション制作時にインポートすることもできるみたいなので、最初は苦労しますがちゃんと作っておけば後で楽ができそうですね。 

初日の出フライト2018

180106_1.jpg

毎年1月初旬の恒例行事となっておりますIL-2 1946マルチプレイでの初日の出フライト。
2018年も参加してきました。

暗い中順次離陸して、九州マップを北から南へ縦断します。

180106_2.jpg

 途中でゲーム内の日の出を拝みます。
IL-2の日の出は突然太陽が空中にパッと現れるのですが、既にだいぶ明るくなってきているのに日の出はまだか~とだいぶ焦らされますね。
改めて、あけましておめでとうございます。

180106_3.jpg

 着陸後に並んで駐機してSS。
にしてもPe-8の巨体が際立ちますね。
飛行中はじっくり見れなかったスキンもこの時じっくりと見させていただきました。

 今回の私のスキンは…
180106_4.jpg

 今話題?のストロングゼロです。
今回はキャラ物の痛機ではなくネタ機でいってみました。
たまにはキャラ以外もやってみるのも良いかな~と。
ちなみに私は家では全然酒飲まない人だったりします。
つい先日職場の新年会でストロングゼロの話が出たりしたので、ゼロ戦と合わせてネタ機にしてみました。
ちょうどアルミボディでストロングなゼロ戦とピッタリかな、なんて。


 改めまして、本年も宜しくお願い致します。 

空母戦2017

 本日は、Rowheiさん主催のIL-2マルチプレイイベント
「空母戦2017」が開催され、参加してきました。
まずは、お疲れさまでした。

 ぶっちゃけ久々にIL-2:1946を起動したんですが、今ってver4.13.4までバージョンが上がってるんですねぇ。
夕方ごろからせっせとアプデを適用してなんとか9時には間に合わせました。
操作キーも結構忘れてたのでオフラインで確認飛行してなんとかまともに飛べるように。

 空母戦は毎年の恒例行事ですが今年は参加人数が少ないだろうというRowheiさんのご配意により、ミッションもプレイヤーvsAIとなっていましたが、予定の倍の人数の参加者が集まったようで、大人数でワイワイな感じで楽しめました。
私は攻撃隊の艦攻で出たんですが、久々なせいもあってか魚雷は命中させることができず…。
最後に零戦で着艦して記念撮影する時には、先端に皆さんが駐機している空母への着艦で少し緊張。
が、それなりに良い着艦ができたと自分の中で満足したので心残りはありません(笑)。

170826.jpg


 いつもながらSSが微妙な感じだったので、画像はRowheiさんのレポを待つことにします。
次回のIL-2のイベは11月の痛機フェスですかねぇ。