痛機フェスタの参加スキン

 ご無沙汰してます。
最近、ジョイスティックの設置やらキーボードを新しく買って設置台を作ったりと、ちまちまやっていてはいるのですがあんまり記事にできる状態でもなかったので、またもや放置気味に。
とりあえずいい感じには進んではいるので、後日まとめて記事にしようと思います。

 さて、先月開催されましたIL-2痛機フェスタについてですが、投票日を過ぎたということで私の作ったスキンを開示。

161211_1.jpg

 機体は紫電改で、スキンネタは
ブレイブウィッチーズから管野直枝
ドリフターズから菅野直
です。

161211_2.jpg

 一つの機体に2作品を盛り込むという挑戦をしてみました。
左翼側がブレイブウィッチーズ、右翼側がドリフターズです。
胴体の国籍マークも変えてたりします。
菅野直そのものは実在する人なので、どちらも同じ人が元ネタなわけなのですが
2作とも今期放送中のアニメといううことで、せっかくなので混ぜてみたって感じです。

161211_3.jpg

 下面はワレ カンノ イチバンとシンプルに。
制作時間がなかっただけともいう。
結局当日から作り始めたもので…。
ちなみに、直枝のほうは野で、直のほうは野です。
違うのであえて漢字にしませんでした。
主翼上面作っているときに調べていて違うことに気が付いたという…。

 ネタの決定に関して。
今回スキンを作るにあたって、いくつかネタと機体を考えていました。
一つは、君の名は。をネタにMe163コメートにする案。
彗星というキーワードで合わせていけたら、なんて思っていたのですが
コメートは地上でタキシングするのが困難なので、展示スペースに並べることを考慮してやめました。
もう一つの案は、Vivid Strikeをネタにイタリア機にする案。
今期一番期待しながら見ているアニメがVivid Strikeだったりします。
その中でもリンネが超好きなんですが、元ネタがイタリア車(なのは作品自体車関係の命名が殆ど)ということでイタリア機でいこうかと、まぁ安直な考えがありました。
が、どうにもイメージにしっくりくる機体が無かったということから断念しました。
その点、菅野機の紫電改はフライアブルですし、スキンのテンプレートなども持っていたし、2作品同時に盛り込める!ということから今回のスキンのネタを決定しました。
日本機の彗星(D4Y)や、ほかのイタ機がフライアブルであったとしたら、別のスキンを作ってたかもですね。

 来月には恒例の初日の出フライトがあると思うのですが、それに向けてのスキンも考えないとなぁ。
今回の痛機フェスタで他の方の作品を見てこういう風なスキンの作りもやってみたいなぁとか、色々思うところもありましたので、良いスキンを作れたらと思います。 
スポンサーサイト

これから作る

 本日IL-2痛機フェスタの開催日となりましたが、ぶっちゃけまだスキンの準備が出来ていません。
なのでこれから急ぎ制作することに。
毎年なんだかんだで当日焦って作る事になっている気がします…。

 一応どんなスキンを作ろうかという構想はあるのですが、どの機体でやるかも決まってなかったりする。
素材も集めなきゃならないしなぁ。
まぁ何とかなるだろう。
 

なんちゃって疾風

新年用でSS撮ったけど、使わなかったSSの中からスキンについてなど。

160101_2.jpg

 なんちゃって疾風スキン。
去年の8月ぐらいに作っていたのですが、色々忙しくて製作がストップ。
また10月にPCクラッシュしたときにデータが吹っ飛んだと思ったのですが
保存していたデータの中に埋もれていたのを発見し、再び手を伸ばす。

 ちゃんと手順どおりにddsファイルを作れば光沢とかも出せます。
胴体の日の丸が主翼で反射しているのが分かるでしょうか。
ただ、実際の疾風の塗装がこんなに反射するのかというと疑問ですが…。
あくまでフォッケウルフということで。


尾翼がちょっと寂しいので戦隊マークとかも入れたいと思ってますが、手が空いたらですかねぇ。
何処の部隊が良いかなぁ。 

なんちゃって疾風スキン

 IL-2:BOS Fw190A-3用スキン作成中。
Fw190でタキシング~離着陸を何度もやっているのですが
どうせ長く使うなら自分好みのスキンで、というわけでちまちまと作ってます。

150829_1.jpg

 なんちゃって日本(陸軍)機スキン。
まだ光沢の調整はしてないので全体的にのっぺりしてます。
もうちょっと弄くる予定。

 史実的には日本はFw190A-5を輸入しているのですが、
機体的にはA-3なので完全に再現というわけにはいかないから
せっかくなので割りとフリーな感じでスキンを作ることに。
カラーリングは戦争末期?な日本軍機に挑戦。
疾風や五式戦をイメージして作り出す。
最初は緑系のカラーだったのですが、色々参考画像を検索してると茶色系の疾風もカッコイイなって思えてきて変更しました。
今まで幾つかなんちゃって日本軍機スキンを作ってきましたが、茶色系はあんまり作ってこなかった気がする。

150829_2.jpg

というわけで結果的になんちゃって疾風スキンという感じです。
意外と違和感ない気がする。
主翼の日の丸はエルロンにも掛かるのですが
スキン上で主翼本体とエルロンが分かれているため、位置を合わせて上手く円形にするのが難しい。
あと日の丸は白縁となっていますが、白帯にして本土防空仕様にしてもいいかな。
戦隊マークとかも入れたいし、ちょっと考え中。 

BOSオリジナルスキン

Fw190用のオーナメントを使ったスキン作成。
痛機も考えて…と思い製作を始めましたが
自分のセンスで好きなように塗り始めたら、
結局のところ合うキャラクターが居なかったため、
オリジナルなスキンということで進めてます。

今こんな感じ↓
150315_1.jpg

150315_2.jpg

暗い下地に金縁ってどうなんでしょう。
個人的にクールな感じを求めてみましたがDQNっぽい気もしますね(笑)

ちなみに、翼面の文字は適当にドイツ語の諺を貼ってみました。
とはいえ本来はイギリス人の諺のようですが…。
Reden ist silber, schweigen ist gold
雄弁は銀、沈黙は金

少し知的な言葉をチョイス。
特に深い意味があってこの言葉を選んだわけではないですが
なんとなく両翼に分けて張るのにちょうど良かったという感じです。
空いたスペースに本来痛機ならキャラの絵やロゴを貼ったりするのですが
どうしても合うキャラが思い浮かばず、諺で埋めてみたというのが正直なところです。

ちなみに機体下面はまったく弄っていません。
これ以上ごちゃごちゃさせるとバランスが悪いかな、と思いまして。
なので、これで一応完成、という感じでもあります。

結局スキン製作の習作になったわけですが
これで動画は…う~ん。
申し訳ないですが、痛機動画は取りやめて
別の動画テーマを進めていきたいと思います。
また別の機会にモチベーションが上がって、
こんな痛機を作りたい!とアイデアが湧いたときに改めて作ることにします。