半年

6月も今日で終わりということで、2011年1月1日このblogをスタートさせて半年が過ぎました。
引越しなどで更新できなかった日もありますが、一日一記事を目標に続けてくことができたと思います。
飽きっぽい性格の私ですが今では日課となっておりますです。

内容的にはIL-2がメインとしていますが、やっぱりアニメだとかの話題を書く比率が多くなっている気がしている今日この頃。
週末にはネトゲやってたりと、とにかく色々やりたいことが最近多いですね。
あんまり関係ない話題をこのblogに書くのもあれなんですが、まぁアニメだと痛機にしようかな~とか色々思うこともあったりなかったり。

まぁそんな感じでこれからも続けていく予定です。
 
スポンサーサイト

眠い~

今日は一日中眠かった。
朝、ハッと目が覚めて時刻を確認したら目覚まし時計が鳴る一分前だったのでビックリしまして、今日はなんかスッキリ過ごせそうかと思いきや午前中滅茶苦茶眠くてやばかった…。

CloDで動画2本目も上げたことだし、1946もまたやろうかな。
そういやUP3.0はどうなったんだっけ…。
あとしたらばではRise of Flightやってたりでちょっと興味がわいてきた。

いろいろやりたいことは多いけれど、眠いと何もやれないという…orz 

動画うp 【IL-2】 Bf109で戦闘訓練

アップできました↓
【IL-2】 Bf109で戦闘訓練

110629.jpg

クイックミッションで109に乗って遊んでいたトラックを動画にしてみました。
戦闘訓練と銘打っていますが、ただ飛んで機銃撃ったりしているだけです(笑)

海上なら普通にプレイできるぐらいのFPSが出るのですが、
やっぱり陸地(建物)があるとカクカクしまくりますね。
というわけで海上で戦うQMを選んでみました。

今回編集していて思ったのですが、CloDを動画にするとなると今の設定ではあまり高画質にならないのですね…。
具体的にはニコニコの無料会員の制限によって再エンコードされないような設定にしているのですが、限界を感じています…。
いままで色々プレミアム云々言ってきましたが、今回ばかりは真面目に考えねばならんなぁ…。


BGMは、かみのみキャラCDよりハクアと楠のキャラソンのインストを入れてみました。
我ながらBGMのレパートリーが少なくて困る…。
あぁ、あとBGMの音量が大き目なんですが、トラックファイルを再生するとどうしても自機以外のエンジン音が消えたりするので(特に外部視点では寂しいことに)、あえてBGMに強めにしています。
いわゆる誤魔化し…。 

久々に動画

昨日撮ったトラックファイルを動画にしようと久々に編集ソフトを起動しました。

内容的にはクイックミッションで戦闘の練習していたものです。
Bf109E-3でSpitfire Iaと戦います。

110628.jpg

実はもう出来ているんだけど、アップロードが大変混雑(略)

アップできたらまた記事書きます。 

アップデートとか

110627.jpg

Bf109E-1が追加されていました。
武装は7.92mm機銃×4のようです。
個人的にはすぐ弾が切れるけど威力のある20mm積めた方がいいと思ってます。
ですが、この時代ですと敵機に燃料吹かせたりラジエータ故障させたりするならば低威力の弾でも十分な気もしてます。

後アップデートで気になったのが、プロペラピッチの変化速度が速くなっていたこと!
DB601積んでる機体(Bf109やBf110)でしか試してないんだけど、ペラピッチ計がグングン廻って素早いピッチ切り替えができるように。
だいぶ操縦の負担が減ると思うのでこれはいいパッチだなぁ。

他にも色々アップデートされてるみたい。
飛び甲斐があるぜっ。 

魔法少女まどか☆マギカ BD第3巻

いまさらですがBD第3巻。
昨日届いたのを開けてみました。

madokaBD3_1.jpg
ジャケット絵。
本編の内容とのギャップが痛ましく感じます…。

madokaBD3_2.jpg

中身。
今回はスペシャルCDが特典。
冊子にはさやかの設定画などが載っていました。
全体的にさやか~って感じですねぃ。

まだ本編見ていないので後で見てみます。



昨日買った神のみそ汁セカイ食べてみました。
う~ん、良くも悪くも普通のインスタントみそ汁かな。
まぁ最初から期待してなかったけどね!
あと、おまけシールが一枚入ってました。箱絵と同じやつですね。 

秋葉原行ってきました。

今日はアキバでお買いもの。

以前から内蔵HDDを増設しようと考えてはいたのですが、今日ようやく購入してきました。
私はPCに関しては詳しくないのですけれど、調べてみたら増設方法は意外と簡単のようで、
HDDとSATAケーブルとインチネジ買ってくればすぐできそうでした。
PCケース開けてみれば電源も取れそうなので、特に問題もなく作業完了。
とりあえずパーティションを4つに区切って使ってみることにします。

それにしてもHDDは意外と安いですねぇ。
なんと2TBで¥6000もしなかった。何年か前には500GBで¥1万↑はしてた記憶があるのになぁ。

SSDも興味があったのですが今はまだ高いですね。
何年かすれば安くなるのかな。


そのほか買い物とか。

110625_1.jpg

神のみコミックス13巻と、神のみそ汁セカイ(インスタント味噌汁)を買ってみる。
ぶっちゃけ神のみのコミックスは初めて買いました。
表紙と特典に魅かれてつい購入。1-12巻もそのうち買い揃えるかも(笑)。

味噌汁はまぁ、なんとなくです。えぇ、はい。
明日食ってみます。


110625_2.jpg


あとはいつもの書店でいつものように光人社NF文庫を買う。

☆撃墜王 黒江保彦の生涯―非業の死をとげた隼パイロットの航跡 (光社社NF文庫)
有名な人ですが、私はあまりこの方について知らなかったりする。
戦争から生き残った日本人の撃墜王ということで、非常に興味があります。

☆WW2ドイツの特殊作戦―恐るべき無法と無謀の集大成 (光人社NF文庫)
表紙のインパクトが強くてつい購入。
エルベ特別攻撃隊等に関しても書かれているみたい。



…色々衝動買いが多いこの頃。
だがそれがイイ。 

今日もBf110

Bf110に乗って2時間程ひたすらスピットやハリケーンと戯れるトレーニングをしてました。
なんとなくコツが見えてきたかも。
ですが被撃墜数>>>>>撃墜数なのは相変わらずなので、何十回とリフライするのが疲れるっす…。

AIのスピットが相手でも、後ろにつかれたらすぐに機首を下げて急降下すれば
追従できなくなって逃げ延びることができる気がします。
急降下できる高度を維持しつつ闘わないといけないのですが横旋回ではこちらが劣るので難しいところ。
垂直機動を多用したいところだが、機体が重くてあまりうまくいかない…。
う~ん、まいった…。

かなり熱中してプレイしていたので物凄い体力を使った感覚。
部屋が暑いせいもあるのかな。
皆さんも暑さにはお気をつけて! 

とりあえず作成

ささっとM-overlay0.ddsを弄ってみました。

110624_1.jpg

110624_2.jpg

元の10%程の濃さのパネルラインとなっています。
個人的にキャラ絵の上このぐらい乗ってるといいかな~と。


あ、いま記事書いてて思ったのですが
パネルラインなしツルテカ状態にしておいて、
痛機スキンのほうにパネルラインを薄く被せておけば済む話なのかな。
うは~、なんか無駄に考えてしまったのが恥ずかしい…。

とりあえずパネルライン消してみたもののみ上げてみます↓
http://www.mediafire.com/?na833raelz6s99z

ちょっと作業が雑です。また作り直すかも。
痛機作成への道のりは遠い~。 

M-overlay0.dds

western氏のBlog記事を読み、パネルラインのファイルであるM-overlay0.ddsを弄りまわすことにしました。
詳しいやり方はwesternさんのBlogを読んでみてください。

私は以前dumpするところまでやったことがあるのですが、ddsファイルが読み込めなくて投げ出していました。
今回はGIMPのプラグインがあるとのことで早速入手し、M-overlay0.ddsを開くことができました!

さて、western氏はツルテカな感じに仕上げているみたいですが
私はあえてパネルラインはうっすらと残しておきたいと思います。

まだどうやって作業するか考えているところなのですが、
とりあえずパネルラインを一度消して、あとから元の画像を透過度高めで被せる感じになるのかな。
なので一応ツルテカのM-overlay0.ddsも作れるかな~。

まずはHe111で試してみます。
完成したらとツルテカのと合わせてアップしようと思います。 

またまたピンク

他の機体はどうだろ~と思いスピットをピンクに染めてみる。

110622.jpg

はい、やっぱりパネルラインがばっちり入るようです。
ためしにキャラ絵を張り付けてみたりもしたのですが、いまひとつ…。
う~ん、まいった。

 

眠いー

最近帰りが遅い日が多いため、まともにゲームする時間が…。
しかもなんか眠くて目がショボーンとしてしまう。

そういえばまどか☆マギカBD3巻が発送されていたみたいなんですが、
例によって土曜日に再配送指定しておきました。
む~ん、楽しみだ…!


CloDで動画を撮ろう撮ろうと思っているものの、全然進んでないす…。
まだバグやなんかが多くて、特にトラックファイルを再生すると他機のエンジン音が聞こえなくなるのが致命的…。
あとスツーカのサイレンが鳴らない(これは仕様かも)のも迫力がないし、Ju88ではジャイロコンパスでのAutoPilotが上手く作動しないという話を聞く。
He111で水平爆撃の練習もしているのですが、安定しなくて激ムズ。
うーん、どうしたものか…。
とりあえず今のところBf110で爆撃機を追っかけまわす動画とか考えてます。


眠いので早く寝ようかな。
とか言ってる日に限って結局遅くなるいつものパターンかもしれません(笑)
 

110で空戦練習

クイックミッションにてBf110を選択して色々空戦の練習してました。
格闘戦はできないが、一撃離脱でなんとかがんばれないかと奮闘中。
あとはヘッドオンとか。この時代では比較的重武装ですし正面からなら負けないだろう。

またもやスクリーンショットなど。

110620_1.jpg

110620_2.jpg

110620_3.jpg


 

試しにピンク

He111を痛機にするテスト。
とりあえずピンク色に塗る。

110619_1.jpg

ネット上で拾ってきたスキンを参考に上下面の色を塗っただけですが、
ご覧のとおりパネルラインやウェザリングが勝手に描写されてしまう…。
リアルなスキンを作るのならいいんだけれども、痛機となるとちょっとアレだなぁ。
ウェザリングの強弱は設定できるのだが、最低に設定してこれなので絵が栄えないというか、キャラの上にラインが強く載ると微妙だな~と。

110619_2.jpg

主翼に軽くグラデーションかけてみたり。
まだ試験的に塗り分けているだけなので雑ですが。


というか爆撃機で痛機ってどうなの?て今更ながら思ってみたり。
なんかやられ役的な印象があるので微妙かなぁ…。
でも、好きな機体に好きなスキンで飛ぶのが理想だと思うわけですよ。 

久々にネトゲ

以前書いたように久々に昔やっていたオンラインゲームにログインしてみました。
よく親しくしてくれたコミュニティに顔を出してみると、昔懐かしい方々がずっと続けておられたようで、私のことも覚えていてくれたご様子。いや~、懐かしい。

ネトゲというと結構がっつりプレイしていたものでしたが、
今はそうもいかないので、少しずつ少しずつプレイしていこうと思います。
IL-2のほうもそろそろ何か動画あげたいし、いろいろやりたいことが多いしね。


そうそう、腕時計を修理に出しました。
といっても5分ぐらいですぐ修理してもらえて、以前より頑丈になったので一安心。
これからは大切に使っていこうと思います。 

のんびり

今日はのんびりネットしてただけでもう0時近くに。
たまにはIL-2やらない日があってもいいか…。

CoDではカスタムスキンでマルチするとBANされるらしいのですが、やっぱり痛機も作ってみたいよね、と思って現在構想を練っているところです。
2048*2048はさすがにサイズが大きくて、たとえばアニメの公式サイトとかにあるキャラクター紹介ページの画像だと小さすぎて貼るのに適さないのですよね…。
自分で絵が描ければいいのですが、絵心がないのでムリダナ。
なので構図を考えるのが難しい…。

しかし、小さくせざるを得なかった画像(ロゴマークなど)を、高解像度で張り付けられるのは魅力的。
細かいところに手の行き届いたスキンを作れたらなぁと思います。


まぁ、土日でのんびりやってみます。
他にもいろいろやりたいこともあるしなぁ~。 

腕時計が…

腕時計が壊れました…といってもバンドのところが取れてしまっただけですが。

110616.jpg

今日昼食前に手を洗ってタオルで手を拭いていたら、いきなり腕から外れて床に落ちてビックリした。
拾ってみたら金具が外れちゃってるし…アチャー

この腕時計はそんなに高いものではないのですが、ドイツの航空会社であるユンカースのロゴマークが入っています。
具体的には親しまれているJu52がモデルだと思うのですが、飛行機のメーターをイメージした時計になっていて、個人的にパッと見て時刻が分かりやすくて気に入っています。

ガラスもかなりキズだらけですが、個人的に時計は使ってなんぼだと思うので特に気にしていません。
あーでも、扱いが雑だったから金具が壊れてしまったのかな。

とりあえず土曜あたりに修理に出してみよう…。 

オンラインゲーム

帰りが遅いのでマルチプレイとか最近やれていません。
1946もUP3RC版を結局まだ導入していないし、CoDもまだまともに飛べるとは言い難いし…。

フライトシムとは関係ない話なんですが、私は2年前ぐらいまで某MMORPGをやっていました。
それこそ人生の大半を費やしたぐらいに熱中したものでしたが、色々限界を感じやめていたわけですが…。
最近になって、またやりたくなってきた。

んだけどもIL-2をもっとやりたいし、正直プレイする時間がない。
アカウントはまだ残っていてキャラも消されてないみたいなんで、久々にやってみようかなと思いついた次第です。
週末オンリープレイヤーとかそんな感じで細々とやっていこうかな。


やりたいことが多すぎる、今日この頃なのであった。 

そういうことかい!

公式フォーラムで何か情報が無いか探していたら、ズバリ自分が探し求めていた答えがあった。

http://forum.1cpublishing.eu/showthread.php?p=293192#post293192

このスレッドの#2の人が、He111での水平爆撃について丁寧に答えてくれています。
その中でAutoPilotの設定方法も細かく書いてくれているのですが、とりあえず超要約して書くと、

①トリムで調整して安定な水平飛行をする。
②磁気コンパスの値にディレクショナルコンパス(以下DG)を合わせる。
③希望する方位を入力する。
④AutoPilotモードを起動すると、希望方位の値とDGコンパスの値が一致するように機首が動く。
※バグか仕様かわからないが、5~7°のオフセット値があり完全に一致しない。


えぇぇ~そういうことかい!!!
どうりで真北に設定しているはずが354°とかに進むわけだ…。
もうなんというか…はぁ。

そのため正確に飛ぶためにやることとして、
たとえば真北に進んでいてAutoPilotを作動させたいときには

---330---N---30--- (DG:実際の方位)
-----330---N---30--- (希望する方位)

このようにわざとずらして設定することで真っ直ぐ飛ぶことができるようです。


というわけでこのスレッドの記事を読んでかなりの疑問を解決できました。
英語は得意じゃないので時間がかかってしまったが…。 

他の機体でも

昨日に引き続きAutoPilotの練習。
He111でもやっているんですが、まだ上手くいかない。
あー、今思い浮かんだのですがCoDのマニュアルを読んでいなかった。
後で読んでおこう…期待はしていないが。

AutoPilot航法が可能になれば水平爆撃に挑戦できるのですが、なかなか上手くいかなくてもどかしい。
いっそのこと後回しにして他の機体でも乗り回してみるのもありだな。
まだイタ機に一度も乗ってないので、少し楽しみではある。 

AutoPilot

今回もBf110での航法について。

110613.jpg

決められた方位へ機首を自動的に向けて飛ぶことができるAutoPilotの設定の仕組みを理解するべく、ひたすら飛んでみました。
結果から言うと、まだよくわかりません(ぉ

Directional Gyro、Course Autopilot Presetの値によってAutopilotモードでの進行方向が決定されるようなのだが、なんかうまくいかない。上の画像の吹き出しが出ているのがCourse Autopilot Preset、そのすぐ上がDirectional Gyroです。
ジャイロの操作キーは設定しているのですが、いざAutopilotにしてみると想定した方位へ飛んでくれないという事が多すぎて謎が多い…。

とりあえずもっとやって理解してみるつもりですが、ひたすら計器とにらめっこは流石に疲れます…。 

速く飛ぶために

Bf110でシングルミッションやクイックミッションをプレイしているんですが、どうもAI機に比べて自機が遅すぎる気がしてならない。
同じ機体の味方機がスッと追い越していくのにアルェーってなる。

たしかにIL-2:1946でもプレイヤー機に比べてAI機は操作が上手い(理想的)ので速く飛ぶことができた。
だけれども、せいぜいジワジワと引き離されるぐらいだったのですが、Cliffs of Doverではより操作が複雑になったぶんAI操作とプレイヤー操作の差が強く出るのかなぁと考えております。

というわけで、より速く飛ぶために理想的な操作ができるよう練習です。

まずは、プロペラピッチ周りから。
なんだかんだで一番大切なのはこれかな~と思っております。
始めに言っておきますが、私はプロペラやエンジンについて全くの素人ですのであしからず。
間違っていたらコメントくださいっ。

110612_1.jpg

赤で囲んだのがプロペラピッチ計、水色で囲んだのがエンジン回転計です。
Bf110(Bf109もそうですが)のピッチ操作はレバーをニュートラル状態から上げ下げしている間のみピッチが変動します。それはプロペラピッチ計にて時計で言う8:30~12:00までの時刻で表示されます。
上の絵でいうと、プロペラピッチは10:32を指しています。
12:00にいくほど低ピッチ(離陸時など加速がいる時に)、8:30にいくほど高ピッチ(巡航時など抵抗を受けたくないとき)となります。
そして、低ピッチにするとエンジンの回転数が上がり、高ピッチにすると下がります。

高速で飛ぶときには、エンジン回転計を見て一番良い回転数になるようにピッチを操作すれば良いと思われる。
私の経験則的に言うと、2500~2600rpmあたり。高度や機速にもよりますが、より速く飛ぶときはこのぐらいかと。あと、このときエンジン音が一番大きくなるような気がします。
2700rpmあたりまで変化させると、なぜか音が小さくなって、さらに回転数を上げると無音になるというCoDの仕様(バグか?)があるようで、なんとなく音で回転数を合わせられるかな~といったところ。

戦闘中の忙しい時に計器見たりして操作するのは大変なんですが、実際はどうしていたんですかねぇ。
もしかして自動で一定速度にしてくれる装置とか積んでたりするんでしょうか。


あと、速く飛ぶためにはトリムで機を真っ直ぐ飛ばすのも大事ですね。
一応キー設定はしているので、うまく使う練習をしようというところです。
1946のころは正直あんまり使ってなかったんです、私…。
プレイ環境もよくなったし、トリムを使いこなせるようになろうと思います。



おまけ
今回もスクリーンショット。Bf110カッコイイ

110612_2.jpg

110612_3.jpg

110612_4.jpg
 

放課後かすたむ☆たいむ

今日はエロゲメーカーであるTEATIMEの新作、「放課後かすたむ☆たいむ」の体験版をやっていました。
どんなゲームかっていうと、女の子のポリゴンモデルをいじって自分の好きなようにかすたむして、××するゲーム。
体験版でできる事はカスタムだけなんですが、これがまた奥が深い。

110611_2.jpg

顔や髪の毛のモデルを伸ばしたり形を変えたり位置を微調整したりで理想に近づけていきます。
たとえるならば画像編集みたいな感じでモデルを弄れるので、わかりやすくていいですね。

110611.jpg

髪や目の色、体の大きさや服装などエディットできます。
そんなわけでかのんちゃん風に作ってみました。

Cliffs of Doverが一応動くPCなんで、このゲームも割とヌルヌル動いてくれます。

TEATIMEのらぶデスシリーズは毎回プレイしているのですが
ハイスペックPCでないと激重ゲームだったりするため今回も心配していたのですが、
キャラクター一人しか表示しないため軽くていい感じ。


IL-2全く関係ない話ですが、フライトシムやる人はPCスペック高い人も多いと思うので
試しにプレイしてみてはいかかでしょうか。 

対地爆撃

今日もスクリーンショット。
即席で対地爆撃練習ミッション作ってプレイしてみた。

110610_1.jpg

Bf110にてSC500*2をもっていき、適当に走らせた英軍戦車に低空爆撃!

110610_2.jpg

14秒後、爆発。
低空爆撃時には、信管は低高度用の14秒が必ず入る設定にしないと爆発しません。


110610_3.jpg

車両を撃破!
一両は機銃で壊してます。

110610_4.jpg

おまけ:町があったので上空を飛んでみたり。

14秒も待たないと爆発しないのがちょっとやっかい。
1km以上高空から投弾するなら即爆発する信管設定でおkなんですが、
低空で投弾するとなると低空用信管に設定しないと爆発しなくなるという…。

14秒待ってる間に車両はどんどん動いていくので進路上に落とす工夫がいるのかな。
う~む。 

スクリーンショットとか

今日はCliffs of Doverにていろんな機体に乗って練習。
英軍機には普段乗らないのですがハリケーンやスピットはなかなか悪くないですね。
-Gでエンジンが咳き込むのは扱い難いですが…。

そんなわけでスクリーンショットとか出してみたり。

110609_1.jpg

110609_2.jpg

110609_3.jpg

6DOFで視点をあえてずらしてスクリーンショットを撮ると、なんとなく臨場感が出る気がしたので色々撮ってみました。
自分の顔でカメラ操作するので、良い画を撮るためちょっと無理して首をひねったり(笑)
今後とも面白い画が撮れればなーと思っています。 

キー設定再び

キー設定をやり直していたらもう0時近くになっていた!
というのもちょっとキーを変える→少しフライトして試してみる、というやり方をしているのですが、飛んでいるのが楽しくて目的であるキー設定をついつい忘れがちになってしまう(ぉ

これだけ環境がそろうと何処にキーを設定するかボタンが多すぎて逆に迷います。
特にAviatorのスイッチ部。3モード合わせると24ものキーを設定できますが、どこに何を設定したか忘れそうです。

Aviatorのスティックおよび上部ボタンでターレット操作が楽にできるようになりました。
ようやく銃座の使い方が分かった感じです。


まだまだ設定残ってるんで、さっさとやってしまいたい。
それが終わったら今日はすぐ寝よう…。

そういえば、1946のほうでUP3のRC版が出ているのですが、落としてみたはいいもののまだインストールしていません。というかこのまま正式版待ってもいいかな~とちょっと思っていたり。
色々やることがあって手が回らないです…。 

完成:DIY Cockpit v2.0

ホームセンターに急いで行ってパーツ買ってきました!
早速とりつけ、スティック台をビスで固定し…

110607_1.jpg

というわけでDIY Cockpit v2.0の完成です。

上側から写真撮ってみました。
部屋がめっちゃ散らかってますが気にしないでください(汗


110607_2.jpg

固定はワッシャーをかますことでなんとか小さいビスで止められました。
ただ、ちょっと強度が心配なのでそのうち補強しようと思います。


ようやく今日から新たなIL-2生活の幕開けです。
思えば数か月前とは比べ物にならないぐらい豪華になった気がします。 

さらに買うものが増えてしまった。

昨日の続きです。

110606_1.jpg

デスクの下はこうなっています。
ラダーペダルから上方向に垂直に支柱を伸ばし、30cmのパイプでブリッジを作る。
手前側はT字のジョイントになっており、その先を延長するように可動式のジョイントが来るように(筋交い状に)パイプを下側から伸ばしています。

110606_2.jpg

手前側の30cmのパイプを抜き差しすることで着脱式としました。
付いている金具は片サドルという名前で、これをスティック台に固定します。

110606_3.jpg

こんな感じ。
と、ここで重大な問題が。
両サイドの穴の間隔>スティック台となってしまいました。
小さなビス+ワッシャーでなんとかギリギリいけるっぽいのですが、これも買ってこなくてはなりません。
う~ん、明日仕事終わったら買いに行ってみるか…。
他に良い方法はないかも色々考えてみよう…。

少し疑問に思うかもしれないので書いておきますと、スティックの上側(バネの高さの位置)にパイプを置いていて動きに干渉しないのかと言いますと、ギリギリ大丈夫なんです。
ほんとギリギリで、ジョイント分太くなったらダメなほど余裕がない感じ。
でもこうして上側から吊るすような型にすることで、ちょうどいい高さになるはずなのです。


110606_4.jpg

右側に板を乗せてみました。
水準器がなかったので、電池を乗せてます。
結構摩擦がありますが、まぁ転がらないぐらいには水平です(笑)。

この台にAviatorを乗せます。ちょうど左手のスロットルと対になる感じですね。
このぐらいがスティックを握って操作ができる限界範囲かな~。


そんな感じで今日は終了。
明日ホームセンターにいってれば明日完成のはず…。 

ゆっくりと作業

今日はホームセンターに行ってきて、改良&増設パーツの購入してきました。

まずはスティック部から。
根本的に取り付け方法を変え、着脱式にしようと思います。
購入した木材で枠を作ります。木工用ボンドで接着した後、裏からビス止めしています。
表面の2ヶ所のビスはx52のスティックの穴に合わせており、ズレないようにと思って取り付けてます。まぁ気休め程度ですが。

110605_1.jpg

上から乗せてみると、こうなります↓

110605_2.jpg

このあと、パイプと木材を金具でつなぐ予定です。
上手くいくか分からないけど、とりあえず後回し。
どうなるかは次回のお楽しみ(予定)。


次に右側に置く台を作ります
基本左側と同じような作りですが、支柱を一本多くしています。

110605_3.jpg

ここまでやったはいいものの、1つジョイントを買い忘れたことが発覚。
とりあえずは問題ない箇所ですが、下側の横方向のパイプと本体をつなぐジョイントをまた買いに行かなくてはなりません…。う~ん、めんどくさい。
上に置く板も買ってあるんだけど、とりあえず保留。


部屋の片づけとかしていたら今日は疲れてしまった。
疲れない程度にゆっくり作業していこうと思います。 

Pro Flight Throttle Quadrant

Saitek : Pro Flight Throttle Quadrant

quadrant_1.jpg

予定通り手元に届きました~!
とりあえず開梱。

quadrant_2.jpg

中身は本体、クランプ、替えのヘッド(黒*2,赤*1,青*1)、マニュアルとCDです。
本体にクランプをネジで取り付け、x52のスロットルを乗せている板の上に置くようにしてクランプで固定しました。

いつもの通りSaitek公式からドライバ落としてきて接続完了。
当然SSTにも対応しているのでスイッチを好きに割り振れます。

このスロットルレバーは目盛0以下に下げることができるのですが、そこはキー設定が割り振れるボタンとなっています。そのためか目盛0の部分でレバーが軽く引っかかるような作りになっているのですが、どうもこの引っ掛かりが強すぎるというか、硬く感じます。
目盛0から100までスッと一気押し上げるときはスムーズなんですが、0から少しだけ動かそうとすると引っかかっりが強くて動かしずらい。
まぁラジエータとかに割り振るつもりなので、そこまで軽快な動作を求めているわけではないので大丈夫ですが…。


まだゲームでは使っていません。
明日ホームセンターで部品を買い台を増設したら、実際に使ってみようと思います。
キー設定の割り振りをまた見直さなくてはなぁ。