動画うp 【IL-2】Ta152で高高度戦闘

アップできました↓
【IL-2】 Ta152で高高度戦闘

120630_1.jpg

そんなわけでTa152の動画です。
P-51Dと高空で戦います。
実はクイックミッションだったり。

前々から高高度(10000 m↑で戦う動画を撮れないかと計画していたわけですが、
まず主役は何にするかというと、高高度用の戦闘機でまず思い浮かぶのがこの機体でした。
(次点で雷電、P-51、P-47とかですかね。)
で、敵役としてはP-51に設定。

何戦か戦ってみて、かなり一方的にやられる展開が多く動画にするのがとてもじゃないが厳しかった…のですが、
戦法を変えてみたりで少しはマシに立ち回れるようになってきたので
なんとか動画にすることが出来ました。


120630_2.jpg

たしか燃料を50%設定にしてやってたんですけど、
それでどれだけ上昇することができるのか試したことがあるのですが
10500 mぐらいで壁と言うか、かなりしんどくなってきまして
11000 mまでは速度をある程度出したまま上昇できる感じです。
そこから上はかなりキツイ。さらなる壁を感じました。

雷電(J2M5)でも10500 mぐらいまでならいける感じ。
だけど、速度的にはTa152に比べ遅いですね。


敵機にホイホイついていってしまうし射撃も外しまくりで活躍していませんが
そんな感じの第60作目の動画でした。
射撃がまだまだヘタッピなので、また射撃練習でもしようかしら。
色々動画のインスピレーションは湧くけれど、それを実行するモチベが最近下がり気味です…。 
スポンサーサイト

仕事忙しい…

仕事でやらなきゃいけない事が山積みでヤヴァイ!
なんか呑気に動画作ってる心境じゃないというか、焦燥感があってじっくり編集に取り組めない…。
今日も残業、おそらく明日も、明後日も長引きそうだ…。

動画の編集作業はあとコメントとBGMを入れるだけ。
あぁ、またBGMに悩むいつものパターンですが、
悩んでる時間はあまりないので適当に決めちゃいそうです。
金曜深夜かあるいは土曜にはアップしたい…!
しかし土曜の午前中は会社なんで早起きしないとなぁ…やっぱ土曜かな。 

遅れながらも進行中

とりあえず次の動画作成を進めています。
キャプチャのため、これまでの16:9の解像度でトラックを再生するわけですが
左右2画面の電源をオフにして解像度を1920*1080に設定後、
PCを再起動しないとIL-2が立ち上がらないという…。
ローディングの%表示が全く出ずにフリーズするので訳が分からんのですが
とりあえずPC再起でなんとかなったった。

今月中にはアップできる予定ですかね~。
最近色々やる事、やりたい事、やらなければいけない事とか増えまくりで
どれかに集中することが出来ず…。
スキンも停滞中だし…う~む。 

結局メタルラック

ポチってしまいました。
いわゆるメタルラックと言うかルミナスなんですけれども、
結局これをテーブル奥に建てることに。

ポールにアームを固定し、モニターを手前に飛び出すように設置するわけですから
ラックの高さが高くなった分、力のモーメントが大きくなり倒れやすくなりそうです。
そのため逆側にもカウンターウェイトを置いて力のつり合いを取らなければ…と考えております。

色々見積もってみて、突っ張り棒建てるのが一番安く済む方法なんですが
収納という事を考えるとラックを建てた方が今後良さそうだな~と決断。
決断したらば必要な大きさを考えて、ネット販売しているページでパーツやセットを吟味して、ポチっとな。
ついでにテーブル手前に置く方もポチっとな。
そんなわけで来週日曜に届く予定です。

あとはスロットルとかを載せる天板をホームセンターで買ってきて加工して取り付けられるようにするだけだな。
それも来週末予定。意外と早く進みそうです。
こういうのは即断・実行していかないとダラダラしちゃいそうですねぇ。

あぁ、それにしても恐ろしい勢いでお金が飛んでくなぁ~(笑… 

第二次DIYコックピット計画

トリプルモニターによるゲームプレイ環境を有することになったが、
テーブルの上に置いたメタルラックを利用してモニターが無理やり設置されている現状。
無駄なスペースが多く、スティックやスロットルの位置関係上、決して快適とは言えないのである。
そこでモニター固定方法の確立と、スティック・キーボード・マウス周辺の改良を目的として
第二次DIYコックピット計画が立案された───


とまぁ大げさな感じですが、要はパソコンデスクの整理です。
今のままだとモニターが―近すぎて、ちょっとプレイしにくいんですよね。
それと、この一年使ってみて色々思うところがあり、スティックの設置方法を変えてみようかなと。
センターマウントのスティック部は取り外せるようになってるんですが、
結局取り外すことはあんまり無いのでそれなら…と一体化構造にしてみようかなと。

肝心のモニター固定方法ですが、これがかなり悩んでいまして
ポールを立ててアームで固定するのは良いんですが、
そのポールをどう固定しようかなと。
床~天井まで突っ張り棒を伸ばすというのも考えているんですが、
それならラダーペダルを設置しているイレクターパイプを利用して
垂直にポールを必要な高さだけ立てておくのもありかな~なんて。

スロットル~スティック~マウスの設置場所は同じ高さのメタルラックをふたつ用意して、
その間に細長い板を橋渡しするイメージで置こうと思ってます。
今のイレクターで作ったモノがどうにも不安定だったりするので…。

…頭の中でアイデアをいろいろ考えているだけで数時間経ってしまった。
とりあえず8月までの完成を目指して案を練っている最中です。 

ストライクウィッチーズ劇場版Blu-ray



ストライクウィッチーズ劇場版のBDがようやく予約開始になってたようでご紹介。
(↑アマゾンのページでも告知PVが見れます)
まだかまだかと待っていたので、嬉しいですね。発売日は10/26とのこと。
4ヶ月後か~待ち遠しいですね。
とは言え角川シネマ新宿とかでまだ上映しているんですよね。
上映終了前にもう一回ぐらい見に行こうかなぁ。

BDのほうは特典も色々付くようで、マストバイ・アイテムなわけですが
店舗ごとの特典もあるため、どこで買うかも考えなくてはならない。
http://s-witch.cute.or.jp/movie/special/mov-bd/index.html

なんとなくわかりにくかったので表にしてみた↓

     ストライクウィッチーズ劇場版BD(限) 店舗別オリジナル特典まとめ(仮)
 店舗名 特典       
 Amazon 後日談ドラマCD「坂本美緒少佐陣中日誌
 アニメイト アニメイト限定描き下ろしTシャツ
 /描き下ろしA3クリアポスター
 アニメガ/文教堂 B2ポスター
 お宝倉庫/ファミーズ タペストリー
 HMV ONLINE・店舗 描き下ろしA3クリアポスター
 キャラアニ.com  ・セット1:シュマグ
 ・セット2:B2タペストリー
 ゲーマーズ 描き下ろしA3タペストリー
 げっちゅ屋 オリジナルテレホンカード
 コミックとらのあな 描き下ろしB2タペストリー
 セブンネットショッピング 特製スポーツタオル
 ソフマップ 島田フミカネ描きおろしB2タペストリー
 Neowing A3サイズデスクマット
 ファミリーマート&ファミマドットコム 特製A4クリアファイル
 ヤマダ電機 描き下ろし A3ホログラムペナント(仮)
(※BD限定版を購入するとして ※一部対象外店舗あり
詳しくは公式ページを見てください)


とりあえずまとめてみたわけですが、悩みますねェ。
キャラアニはセット1とセット2で別パッケージみたいです。
シュマグっていうのはアラビアスカーフのことで、
砂が服の中に入らないようにだとか顔や首が直射日光に当たらないようにするためのスカーフらしい…たぶん。

問題はAmazonでは早期予約キャンペーンが貰えないというところだろう。
これは久々に複数買いをする必要がありそうだわぁ…。
まだ絵柄が分からないのもあるので判断しにくいですが
アマゾン+ソフマップ+αで3つぐらい買っちゃいそう。
いわゆる視聴用 保存用 布教用で(ry

早期予約キャンペーンは8/11までですので、
それまでには決めないとなぁ。 

水曜に買った本

120621.jpg

世界の傑作機シリーズです。
今回は隼とAr234を買ってみたり。


・陸軍1式戦闘機隼 (世界の傑作機 NO. 65)



言わずと知れた陸軍機。
開戦から終戦まで使われ続けた名機ですね。
Il-2でも割とよく乗りますが、零戦ほど詳しくは知らなかったので興味がわきました。
各型の解説や、実戦の様子、敵側パイロットの証言など
当時どんな戦闘機だったのかがイメージしやすいです。

Il-2でも操作性抜群というか、思った通りにクルクル回ったりと
アクロバット機動もスイスイこなすので、操縦が楽しい機体ですね。



・アラドAr234”ブリッツ” (世界の傑作機 NO. 128)



ドイツのジェット偵察機/爆撃機。
採用された新技術(特に主翼形)について詳しい解説や、多くの写真が載ってます。
偵察機、爆撃機としての実戦記録も載ってるし、
ランディングギアの構造や燃料ポンプの配管詳細まで載ってます。
離陸用補助ロケットについても書かれているのですが、
燃料を詰替えて最大60回も再利用され、
大戦中に3000回も使用されたが一度も大きな事故は無かったらしい。
ドイツの科学力は(ry 

機械要素技術展

珍しくリアル仕事にかかわる話ですが、
昨日は6月20日~22日まで東京ビッグサイトで開催されている
機械要素技術展という展示会に参加して来ました。
参加してきたっていうか見に行ってきたというか。
仕事内容的にも関わりはあるのと、個人的に興味があるので行く事に。
会社から交通費も出るし行けて良かったです。

日本の製造業や機械加工やらその他沢山の企業の内容を一度に見る事ができ、
気になった所は名刺交換したりと非常に有意義でした。
あと粗品を配っていたりする所もあって、ついつい立ち寄ってしまったりと
目的なく見て回る分にも面白かったです。


帰りに秋葉原に寄って、いつもの書店でまた世界の傑作機シリーズを買っちゃいました。
それについては今晩書く予定です。 

次の動画で

次の動画のテーマとして、高高度戦闘に挑戦しようと前々から決めていまして
さっき何とか動画にできそうかな?ってプレイのntrkファイルが出来たところです。
この前挫折したんですが、まぁありのままのプレイもいいかな、と言う感じで。

で、高高度用の戦闘機に乗ります。アレですよアレ。
しっかし、普段高度10000mとか飛ばないから操縦が余計に難しい…。
AI機は完璧な飛行をするから力量の差が開くというか、ドッグファイトが非常に厳しいなぁ。


 

アニメの一気見

休日なんですが、家で撮り溜めてたアニメを見てました。
タイトルは、”ギルティクラウン”です。
実は放送当時1話見て止めてたんですが、撮り続けてはいたのです。
最近になってちょっと興味が出始めたため、1話から改めて視聴。
数日間で全22話ほぼ一気に見ましたが、なかなか面白かったです。
映像の作りが丁寧で、戦闘シーンやロボもカッコイイ。
"友達を武器に戦う"がキャッチコピーなだけあって、
人間関係や心情にも重点が置かれ、かなり暗い内容もありますが
何とも言えない面白さがありました。
最終話も、賛否両論ありそうな終わり方でしたが
個人的にはもうちょっとハッピーエンドにしてもよかったんじゃ…と思ったり。

OP曲が1クール目も2クール目も良くて、かなり気に入ってしまった。
アニメを毎週1話ずつ見るのと、一気に見るとでは
一気に見た方がより深くはまるというか、感情移入しやすいというか。
まだ色々撮り溜めている作品があるので、
今後も時間が許す限りやっていこうかと思います。 

相変わらずグダグダと

次の動画に向けてのプレイをしているんですが、
構想を考えてみて実際にプレイしてみると、思ったような展開にならず。
なんどもやり直したりしているうちに、グダグダと時間だけが過ぎていき…
この構想は諦めよう\(^o^)/と今に至る…orz

Sun's IL2 Fov Chagerについてなんですが、
FaceTrackNoIRと併用する場合
先にFaceTrackNoIRを起動してからSun's IL2 Fov Chagerを起動しないと
FovChangerの動作がおかしくなったりするみたいです。
なにか干渉してたりするんでしょうか。
まぁとりあえず順番に起動させれば問題なく併用出来た、と言う話です。

 

San's IL-2 FOV Changer

大体使えるようになりました。
San's I L2 Fov's Changer
http://il2fovchanger.byethost7.com/index.html

Fovchanger.jpg

ズームイン/アウトしたいときは、このソフトのIncrease/Decrease Fovに割り当てたキーを使ってFOVを変更することで表示される視野の変更を行うようだ。
今はBasicのキーを使っているのですが、基本的にMIN/MAXの値までズームイン/アウト押しっぱで変更し、戻すときはDefault Fovキーでリセットを掛けるという使い方をしている。
でも長押しするのは大変なので、Advancedのほうがいいかなぁ。これだと、キー一発で任意のFoVに変えられるような感じですかねぇ。

120613_1.jpg

Hs129に乗る。
ズームアウトしすぎると、エンジンカウルの中が透過してしまっている。
私は引き気味の位置が好きなんですが、こうして透過があったりすると微妙ですねぇ。



120613_2.jpg

特に意味はないがHe111を横長に撮ってみた。
せっかくなのでデスクトップの壁紙にしてみたり。
CloDのほうでもやってみようかな~。 

RO2でのHUD表示改善

RedOrchestra2での、キルログやらの表示位置の変更がやっとできた。

120612.jpg

ROEngine.iniの中を以下のように変更するだけ。

[ROGame.ROCanvas]
LeftEdgePercentage=0.33333334
TopEdgePercentage=0
RightEdgePercentage=0.66666667
BottomEdgePercentage=1.0

これで、真ん中の1画面にチャットログやらタイマーなど収めることができ、非常に快適。
左右モニターの真ん中寄りぐらいの位置に置いてみるのも良いかもなぁ。

しかしながら、リスポン位置選択枠などは右モニタ右下のままでした。
戦闘中は弄らないので、まぁいいのですけれども。


ゲームしていると、テーブルの手前にモニターが来すぎているせいかキーボードが操作しにくい。
う~ん、やっぱり新たにテーブルを用意したりする必要がありそうだ…。 

横長SS

3画面でのゲームのスクリーンショットを撮ってみました。

120611_1.jpg

IL-2 1946
Sun's FovChangerの使い勝手がまだよく分からないので、外部視点から。
かなりズームしても主翼を横長の画面に収められるので、迫力感が良いですね。

120611_2.jpg

IL-2 Cliffs of Dover
ロンドン上空。
実はこの後、フリーズしてゲームが落ちてしまった。
3画面となったので、単純に3倍描画するわけだからグラボへの負担がヤバそうでした。
ちょっと設定落としてやる必要があるかなぁ。
ちなみに解像度の変更ですが、リストに画面サイズのものが表示されたので
特に何の設定もなくできました。

120611_3.jpg

RedOrchestra 2
画像はオンラインプレイ時のもの。
誰が誰を倒したというログが右上に出るのですが
集中してプレイしているなか、そこまで見れる視野的余裕が無くて非常にやりにくい。
遠距離で撃ち合うとログで倒したかどうかを確認したりするので…。
通常1画面同様にインターフェイスを真ん中の画面に集中することってできないのかなぁ。



IL-2のFovChangerをもうちょっと詳しく弄ってみて、
スクリーンショットを撮ってみようと思います。
 

3画面キマシタワァ

かなり急な話ですが、アマゾンで当日お急ぎ便を使いまして
モニター3枚+アーム3組買ってしまいました。
詳細は↓



と、こんな感じです。
朝方に発注して、家に届いたのが夕方ごろでした。
なんと便利な世の中になったことだろう~。

120610_1.jpg

デデーン!

120610_2.jpg

ドドーン!

うは、これは後には引けないぜ…!ってことで、早速組み付け。

120610_3.jpg

これまでは、このメタルラックの内側にモニターを置いていたわけですが、
そのメタルラックのポールのうち3本にアームを固定します。
結果的に言うとモニターが手前に来すぎてしまうんですが、
追々別のポールを奥に設けて何とかしたいところ。

120610_4.jpg

モニターを取り付けてみた。
2枚目のモニターを取り付けようとしたとき、
重みでラックごと前に倒れてきそうになった…。
で、どうしたかというとラックの内側に雑誌を山積みして、
カウンターウェイトにすることで解決。
とりあえず左右画面は45度角目安に設置。
実のところ、アームの関節部分が予想以上に固くて、
任意の角度に調整するのが難しい…。
これモニター壊れるんじゃないの?ってぐらい力入れないとアームの角度を変えられなくて、戦々恐々。


120610_5.jpg

PC背面。
GTX680の出力に繋ぎます。
2枚はDVI、1枚はHDMIで接続。
HDMIの右側の空いているのはDisplayPortです。

とりあえず正常に動作確認。
ベゼルコレクションの設定は、とりあえず試しで適当に設定。
あとでじっくり決めていけばいいかな。
で、IL-2の解像度を弄って、起動!




120610_6.jpg

おぉ!
これですこれ、私が求めていたのはこれなんです!
圧倒的迫力!
ベゼルの調整が不完全なので、つながりが微妙ですが。
ちなみに、Sun's Il-2 FovChangerってのを使ってみました。
とりあえず動かせたけど、ズームとかの勝手がまだわからず難航…。
あと、モニターの角度は30度ぐらいが正しそうですね。
後でちょっと弄ってみようかな。

120610_7.jpg

物凄くワクワクします。
これだけでも買った価値があるかも。
Fov変更を上手く使えるようにならないとプレイしにくいですが、
かなり満足です。
画面が増えたことで、GIMPの作業も捗りそうです。 

3画面構成に悩む

以前からPCのモニターを3枚のマルチモニターにしようと計画しているわけですが
置き場所と設置方法でかなり悩む。
モニターアームって結構高いし、かといって普通にスタンドで置こうにもテーブルの形が適していない。
というのも今使ってるテーブルがサイドにラックみたいなのがあるため、構造上どうにも…。

ネット上で色々調べて、モニターをどれを買うかはとりあえず検討が付いた。
普通実際に見て決めるモノかとは思うけど、まぁ大丈夫だろう!(謎)
固定方法もコストはかかりますが、より確実にポジショニングできるよう水平アームを使うことに。
正直回転させたりはしない予定なので、DIYで手作りも良いかなと考えたんですが
モニターの枠がキチっと水平かつ望みどおりの角度で止められる精度を求めるとなると
既製品を買った方がよさそうかなと。

まぁ詳細は後日、ということで。
 

上面は大体できてきた

昨晩は体調が悪く、布団に突っ伏して早々に寝ちゃってました。
今日も体調は芳しくないですが、とりあえず少しは作業を進める。

120608.jpg

左翼面のチッピングを弄り、黒縁日の丸を描いてみた。
イメージ的にはなかなか良いのではないだろうか。
まだウェザリングしてないので違和感はありますけれども…。

下面はまだなので、これからが大変なところかもしれない…。

 

カウルとか

120606.jpg

少しずつ作業を進めてます。
今回は、カウルのチッピングと、排煙汚れなどを描いてみる。
あと、胴体尾翼あたりまで少しだけドットを描いてみた。
水平尾翼はまだ手つかず。
あと胴体右側がまだ未完成。
普通コックピットへの乗り降りは左翼側からだと思うので
剥がれ具合は左翼>右翼だと思うのですが、どうなんでしょ。
整備士とか右翼側から機上に乗ったりするのかなぁ。
結構右翼側にも剥げ表現を入れたほうがいいのかもしれない。 

試行錯誤

昨晩は作業途中で寝てしまい、気が付いたら日が昇っていた件…。
で、試行錯誤してチッピングをやり直したわけですが、今こんな感じ↓

120605_1.jpg

主翼とボディ側面しか描いてません。
白色の完全に剥がれた部分+ライトグリーンの色あせが激しい部分(剥がれかけ?)+全体的にウェザリングっぽく茶色系を被せてます。
尾翼はまだノータッチです。

120605_2.jpg

乗り降りするところを重点的に、というかその辺りに絞ってます。
此処まで派手にせず、全体的にちょこちょことやった方がよかったかなぁ。
う~ん、まぁとりあえずこんな感じでやっていきます。 

コレジャナイ感

零戦スキン、塗装の色あせと剥がれの表現に挑戦。

120603_1.jpg

120603_2.jpg

う~ん、激しくコレジャナイ感が襲ってきます。
全体的にやりすぎ&粒子細かめかなぁ。
ブラシツールやリベットのレイヤーを加工したりでお手軽にできないものかと挑戦してみたのですが、上手くいかず…失敗ですかねぇ。
にしても、かなり適当すぎたか…。

フリーハンドで鉛筆ツールを使って少しずつ書き込んだほうがいいかな~。
果てしない労力と時間がかかりそうだけど…orz
やはり予想していた通りハードルが高そうです。 

部屋の片づけとか

部屋の片づけやったりRO2やったり片づけやったりIL-2やったりで、部屋が一向に片付かない件。
う~む…。

仕事が忙しいのもあってか、特に最近家での生活が堕落しきっている…。
一言でいうと部屋が汚いんですよね。
なので休日になんとか一掃しなくては。

そろそろ家具も買わないとかなぁ。
今のところに1年2ヶ月住んでいますが
本が結構増えたので本棚もちゃんとしたのが欲しくなった。
世界の傑作機シリーズとか、ズラーっと並べておきたいしね。
あと、今年中にはPCモニタを3画面にすることを考えているので
テーブルをどう配置するか、あるいは新規購入なのか、悩みどころです。
とはいえ部屋自体の広さは決まっているので…収納を考えないと難しい。
整理整頓が苦手な私にはハードルが高そうだ。 

零戦スキン再々始動

昨年進めていたJapanCatさんのMOD零戦52型用のスキンテンプレートの製作ですが、
これからまた続きを作っていこうと思います。
およそ5ヶ月ぶりに弄るので、前回どこまで進めたのかちょっと忘れてしまっていたりする。
あと、色々コピーしたファイルを作りすぎてどれが最新のものだかわからなくなり…。
今年3月に痛機を作ったので、そのファイルから再開してみました。


とりあえず、現時点でのスキンの状態。

120531_1.jpg

120531_2.jpg

上の画像のモデルはA6M7ですが、
リベットや分割ラインのレイヤーを入れ替えることで
A6M5Early、A6M5、5a、5b、5c、A6M7、A6M8のスキンとして使用可能となります。
大体は出来ていまして、工場出荷時の零戦とするならばこれでもいいのかもしれません。

で、実のところモチベーションが上がらず休止していたわけですが
その原因は次に予定していた行程で、
プラモデルで言うところのチッピングやウェザリングのレイヤーを作るところなのです。
塗装の剥離、色あせ、オイル汚れと言った実機に則した零戦を目指していたのですが
その作業があまりにも大変なのでは…ということで、モチベが維持できずに休止していたわけです。

こうしたものは実機の写真を参考にしてやらないと、バランスがおかしなことになってしまうようなので
参考になる実機の写真を探しているのですが、なかなか見つからず…。

とりあえず今回は、ネット上で色々探してなんとか完成まで作っていきたいなと。
機番なんかも最後には入れてみたりしたいですね。
日の丸も、黒縁だとかバリエーションを増やしてみたいです。


120531_3.jpg

作業をするにあたって、GMIP2.8を導入してみました。
これまでのバージョンが入った状態で普通にインストールできて、追加したブラシなどもそのまま使えました。
大きな変更点としては、ウインドウを1つにまとめることができるようになったのと、
保存するときの仕組みがちょっと変わったことです。

作業中のファイルを、保存(名前を付けて保存)を選んで保存すると、GIMPの独自形式である"xcf"で保存されます。
jpgやbmpといったxcf以外の形式で保存するときは、エクスポートというのを選んで保存します。
何が良くなったというと、作業ファイルはxcfで上書き保存しながら、適時エクスポートでbmpとして書き出す、という流れになったので、これまでのようにいちいち保存形式を変えて保存する必要が無くなったのです。
画像を弄る→bmpで保存→ファイルを閉じる→xcfで保存してなかった!なんてことが起きずに済みそうです。

120531_4.jpg

一応安定版らしいですが、
パレットで色を弄ろうと思ったら数値が消えて表示されなかったり、よくわからない現象も…。
まだまだ微妙なのかなぁ~。導入するには早計だったかもしれません。
とりあえずこれで作業を進めたいと思います。