TVアニメ 氷菓 を視聴し始める

撮り溜めていた"氷菓"をようやく見始めました。
話題になっていて前々から面白そうだと思っていたのですが、見れていませんでした。

会社から帰ってから、ふと見てみるか~と思い立ち、
1話から視聴し始めたわけですが…ぶっ続けで10話まで見てしまいました。
わたし、気になります!ってことで次の話次の話と見進めていったら切りが無く…。

内容とか一切知らずに見始めましたが、推理物の作品なのですね~。
話が丁寧に作られていて、謎解きに非常に惹きこまれました。
最近こういったジャンルのものに振れていなかったので、
とても新鮮で楽しいです。これははまりそうだ~。

 
スポンサーサイト

戦艦長門…!

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

戦艦長門の新BETA配布します。長門1941と長門1942の2隻パックです。船拡張MOD2.11対応http://www.mediafire.com/?8t3qbdw9q83y4pxBETA6Hotfix - http://www.mediafire.com/?coow0ul2ok8hywa現時点で、考えうるすべての手入れをしました。旧BETA版を完全に消去してからインストールしてください。もういじるところはない、と考えています。しかしバグ(特にダメージ受けた時に砲身が変な回転をする、ダメ
戦艦長門、新BETA配布

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
↑ Westernさんの戦艦長門MODの最新BETAが出てるよ!(詳しくはWesternさんのBlogへ)
ってことで、早速導入してみました。

120829_1.jpg

環境は4.11.1 ModActで、砲サウンドMODも問題なく導入。
FMBにて敵艦も一緒に浮かべてみて、砲撃戦させてみました。
う~む、かっこいい。

120829_2.jpg

超ワイド画面ならではのスクリーンショット。
ですが、↑以外はファイルサイズの関係上縮小してます。

120829_3.jpg

120829_4.jpg

FoVを近づけているので、左右画面が引き伸ばされたりはしていないはず。
こういう風に船を撮れるのに今日初めて気が付きました。


120829_5.jpg

正直なところ私は軍艦に関してはさっぱりわからないのですが、
戦艦の様な派手な船は好きですね。
ゴツゴツした山の様な巨体がカッコイイ!
巨砲でドンパチやるのも迫力があって好きなところ。
 

睡眠時間が伸びる

会社の関係で、月曜火曜と連続で酒を飲む機会が。
正直私はそこまで飲めないので、ちょっと大変…。
家に帰ってから、いつの間にか寝ちゃってたり。
睡眠時間がいつもより伸びて良いんですが、
その分何もできなくて、個人的には微妙な感じ…。

次の動画の内容も考え中。
大体決まったので、今回もサクサク進めていきたいなぁ~。 

ヨ-137

8/26は、あの有名な坂井三郎の誕生日ということで記念にスキン作ってみました。
自作スキンに機番入れたりスピナー塗ったりで完成。


120826_1.jpg

零式艦上戦闘機 52型丙(A6M5c)
横須賀海軍航空隊 坂井 三郎中尉 乗機
「ヨ-137」(横須賀基地:1945年)


120826_2.jpg

A6M5c用の塗装剥げレイヤーはまだ作っていないので、新品って感じです。
Gapa-Gammaを使用してスクリーンショット撮影。
そのため色味が実際のスキンとはちょっと異なります。

120826_3.jpg

120826_4.jpg

120826_5.jpg

回転中のスピナーの赤色なんですが、
マッピング的に非常に塗りずらいことになっているようで
こんな感じで妥協。
これでもかなり歪んじゃってますね…。

120826_6.jpg


実際にあった機体を再現するというのも中々面白いですね。
ちなみに機番の文字ですが、フォントとか探したんですがすぐ見つからなかったので
なんとなくで線ひいて描いてみました。
なので実際の文字とはちょっと違うかもー。


そんな感じで52型丙のスキンでした。
今日テンプレート用のxcfファイルを弄っていて、
210レイヤーあったのから不要なレイヤー消したりレイヤー統合したりで
160レイヤーぐらいまで減らせました。
頑張ればもっと減らせるんですが、作業がしにくくなりそうで止めてます。

う~ん、完成は何時になるやら…。
でも機番はもっとサンプル増やしておきたいなぁ~。 

地味に進展

零戦スキン作りを久々に進める。
汚し表現に悩んでましたが、適当に塗ったりぼかしたりして
なんとかそれっぽくなったような気がする。
実際にはこんな風には汚れないかもしれないけれども…う~ん、難しい。

120825A6M_1.jpg

120825A6M_2.jpg

下面は全体の色味も調整してみた。
個人的にはこれで満足かな~。
 

動画うp 【IL-2】 3画面でのプレイ動画アップロードテスト

今週は仕事が忙しかった…!
サクッと編集始めてサクッとアップしました↓
【IL-2】 3画面でのプレイ動画アップロードテスト

120825_1.jpg


以前から考えていた、3画面プレイでの動画です。
TrackIR 5購入記念に、実プレイ映像をアップしてみたいと思ったので実際にやってみました。
モニターは最大解像度1920×1080の物を3つ並べ、ベゼルコレクションで解像度を両側128ずつ幅を増やしています。
IL-2の方の設定では、conf.iniの解像度を直接いじるのですが
このままプレイするとFovの関係上、横幅が合うようにズームされるだけなので、
San's IL2 Fov Changerを併用してFovを弄ってます。
たまに San's IL2 Fov Changerの動作が悪くなったり(勝手にFovがデフォルトに戻ったり)するので、
使い勝手はあまりよくないのが微妙なところですね…。

内容は、シングルミッションの陸軍の疾風のやつです。
ソ連機相手に戦います。

120825_2.jpg

う~ん、ソ連の戦闘機が強くて強くて…。
というより、私が疾風にあまり乗らないせいでもあるんですがね…。
思いのほか舵が効き、スピンに入っちゃたりと色々マズイ展開が多く…。

120825_3.jpg

死んだあとAI機の動きも見てましたが、やはり押されていました。
悔しいなぁ。


120825_4.jpg

おまけ。個人的にお気に入りの1枚。
3画面のワイドさを生かした構図ではないでしょうか。
この構図で日本軍機とか撮っても良い絵になりそうだなぁ。


そんなわけで第63作目の動画でした~。 

サクッと次の動画

TrackIRを使用してみたプレイ動画を次に作ってみようと思い、
録画用のプレイまでは完了。
終始コックピット内視点のつもりなので
あとはキャプチャするだけです。

で、折角なので3画面用の解像度比のままアップしてみようかなと。
アップロード解像度的に、ニコニコプレミアム会員ならば無制限らしいですが
実際にどの解像度でアップするか考え中。

とりあえずサクッと作ってアップしちゃいたいんですが
仕事が忙しいのもあり作業時間があまり取れず…う~む。 

TrackIR 5

120819_1.jpg

ついに買っちゃいました、TrackIR 5!
ずっとFreeTrackやFaceTrackNoIRでプレイしてきましたが、とうとう手を出すことに。
きっかけとしては、会社の上司(課長)とTrackIRについて話す機会があったのですが
(趣味で本格的なカーシミュレーターを作ってるという物凄い御方)
"使用感とか知りたいし買う予定とかない?"と冗談っぽく言われたりした(人柱的な意味で)。
私的にも以前から気になっていたのであるが
なによりFaceTrackNoIRがやっぱり快適とは言えないところにある…。
ということで使用感がすごく気になり、とうとう購入しようと決断したのでした。

以下、レビュー的なもの。
これから買おうか思っている方に参考になれば、と。
今更ですけどね…。


パッケージには、モニター上部に設置するカメラユニットと帽子につける反射器具、そしてヘッドセットに装着できるTrackClipが同梱。

120819_2.jpg

帽子への装着。帽子のつばにクリップのように挟みこんで取り付ける。
この帽子はユニクロで買ったんだけど、つばの長さがちょっと足りなかった…。
浅めに挟んでますが、割としっかり固定されるようです。

120819_3.jpg

ヘッドセットにTrackClipを取り付けてみる。
取り付けは、取付け部が開くのでヘッドセットのサイドに挟み込むだけ。
挟み込む部分にはクッション材がしっかりとあって、ヘッドセットが傷つくことは無い。
ちなみに、左側面への取り付け専用っぽくて、
私の使っているこのヘッドセットだとケーブルが右から出ている為
装着時には両サイドからケーブルが垂れることに…う~む。
あと重量ですが、わからないぐらい軽いので
特に装着感に影響は無さそうです。


ソフトウェアは公式サイトからDLし、インストール後に
TrackIR本体をUSBで接続。
なお、TrackClipもUSB接続なのですがケーブルの途中にUSBソケットがあり、
ここにTrackIR本体からくるケーブルのUSBを差し込んで使用します。


120819_4.jpg

Win7 64bit環境ですが問題なく起動。(もう当たり前か)
軽く動かしてみましたが、デフォルトの設定のままでも何も問題なさそうな感じ。
ちなみにTrackClipを使うか帽子につける反射器具を使うかは、クリックひとつで切り替えられます。


120819_5.jpg

左上にDisplayというタブがあって、
ここからShow Panoと言うのを選択すると
パノラマ画像をその視点から見たように表示してくれるっぽい。
デフォルトでスピットのコックピットが表示された。
これで感度調整とかすると分かり易いですねぇ。

120819_6.jpg

カメラの認識状況を見ることもできる。
上の画像は反射器具。

120819_7.jpg

こっちはTrackClipです。
カメラと顔の距離は60~70 cmぐらいかな。
ふたつの違いですが、
ぶっちゃけどちらも精度が良くて違いは分からない…(笑)
まぁマルチプレイとかする場合ほぼヘッドセットだと思うので
わざわざ帽子かぶるよりTrackClipのほうがスッキリするかと。

120819_8.jpg

表示視点をずらしてみたり。
肌色で表示されているのが現在のリアルの顔の位置・向きで、
オレンジの点と線で作られた顔がゲーム内での顔の位置・向きを表しているのかな。
グリグリ顔を動かすのが楽しいです。


次に、実際のプレイでの使用感を確かめるためにIL-2をプレイしてみました。
ちなみにTrackIRの設定はほぼデフォルト。
センター設定ボタンの変更やスムーズ値をちょっと弄ってみたり。

まず一番に言うべき感想は、また世界が変わった!ということだろう。
これまでよく使っていたFaceTrackNoIRに比べると、
はるかに正確で、素早く動き、スムーズなのである。
これは正直言って予想以上でした。
特に、コックピットで計器を見るために斜め下を向くのですが
そのときの視点がぶれず、とても計器が読みやすかった。
それと、認識できる顔の向きが結構広くて
コックピット後方を表示することが無理なくできる。
視点移動が素早いのにスムーズで、顔の動きにタイムラグをあまり感じさせず付いてくる。
まさに、”見たいところが見れる”素晴らしい性能でした。

もっと早く手に入れるべきだったな~と今にして思う。
IL-2の諸先輩方にはもう使われている、という人も多いと思いますが
これからの人にも、是非ともお勧めしておきます。




余りの絶賛ぶりに我ながら可笑しいですが、
それだけの価値はあると思います。
これだけ使い心地の良い物だとは、予想以上だったなあぁ~。 

動画うp 【IL-2】 今年もサーニャの痛機を作ってみた 【誕生日記念】

動画アップしました↓
【IL-2】 今年もサーニャの痛機を作ってみた 【誕生日記念】

8/18ということで、サーニャちゃん誕生日記念動画です。
ストライクウィッチーズ的には、芳佳と静夏も同じ8/18日なので、同時にめでたい。
でもやっぱりサーニャが好きなので、スキンとか作ってみました。

まずスキンにする機種ですが、MiG-3Uとしました。
1期のストライカーのモデルなので?とも言われているとか。
しかし、IL-2上ではデフォルトで入っているVoidスキンが微妙な出来で、
ネット上でスキンテンプレートも全然見つからないため
製作を渋っていた機体でした。

120818_3.jpg

今回は、まずスキンテンプレートの作成から行い
ネット上で探した画像を頼りにパネルラインやリベットを描いていきました。
自己アレンジもけっこうあるので、厳密に言うと実機とは異なりますが
元のVoidファイルを使うよりかはマシになったとではないかと。

120818_2.jpg

テンプレートを作ってしまえば、別のスキンもサクッと作れた。
ガリア戦勝1周年バージョンですが、それなりに見栄えが良くて気に入ってます。


120818_4.jpg

裏面。
このサーニャが可愛くて素晴らしい!
それと、スースーするらしいですね。

120818_1.jpg

今回の目玉である魔導針MODです。
Westernさんが製作してくださいました。
本当にありがとうございます。
動画のほうでは、サムネにも使わせていただいてます。
闇夜にポワっと光る感じで、いい雰囲気が出ますね~。

このシーンでは、"サーニャのうた"をラジオ風に弄ったものをBGMにしています。
というのも、IL-2のゲーム内で音楽を流す機能があるのですが
あらかじめIL-2フォルダ内に音声ファイルを作ってい入れておき
FMBでラジオ局(塔)を設置して、コックピット内で無線をラジオ局に合わせれば音楽が聞こえるというもの。
で、折角なので元の音楽ファイル自体を弄ってラジオ音っぽくして入れてみたり。
ただ、結局動画にするとそれで音楽流しても普通にBGMつけるのと余り変わらなかったや…。


あと、動画のほうにも貼りましたがスキン欲しい方にDLリンク↓
http://www.mediafire.com/?ok4ri4twgyzmtlu

動画で見るよりも実際にIL-2上で見る方が鮮明に見えるかと。
気が向いたら使ってあげてください。


そんな感じで第62作目の動画です。
今回は結構余裕をもって動画製作に取り組めた気がします。
次はどういう動画にしようかなー。
 

後はいつもの作業

次の動画の製作作業ですが、あとはキャプチャ→編集作業となりました。
撮影用のプレイと、そのトラックを再生→外部視点で色々動かして保存したトラックが完成。
あとはこれをキャプチャして、編集で切って繋いで字幕付けてBGM乗っけて完成ダナ!
とは言えこれがいつも通り大変だったり…。
集中力が続けば結構サクサク進むんですけどねェ。
幸い18日は土曜日なので、時間が掛かってもその日のうちに余裕で終わりそうで一安心。 

さらに追加で

次の動画に向けて、もう一つMiG-3Uのスキンを急遽作成。
動画の内容を考えているんですが、敵機を飛ばしての空戦シーンを少し入れたくなった。
そうなると敵機のスキンを作ろうと思いまして、せっかくMiG-3Uのテンプレを作ったので
MiG-3Uで製作。
やっぱり時間が凄くかかりましたが、なんとかなったかな…。

あとの準備はFMBで撮影用のミッション作成ぐらいかな。
そのほか細かいところは大体終えた。
ここからが本番だなぁ~。 

コミケ行ってきた

8/10~8/12まで開催となったコミックマーケット82に行ってきました。
3日目は凄く混む…らしい。
というのも実は今回が初参加だったりします。
どんなものなのかと一度は経験しておくのも良いかな、と思いまして。

事前に色々調べて、飲み物とかタオルとか準備。
初心者はお昼過ぎから行った方が良いという情報もあったので、
12時半ぐらいにビッグサイトにつきました。

いや~、物凄い人の数でした。
通路を行き来する度にぶつかりそうで…。
それにやや蒸し暑い感じでじんわり汗ばみます。
帰るころにはTシャツが汗だくで…(笑)

せっかく行くんだからちょっと買ってみようと
事前にチェックしていたサークルの同人誌を買ってみたりだとか
色んなところで少し読ませて頂いたり、初参加にしては楽しめましたよ。

ミリタリー関係の冊子を作っているサークルもありまして
飛行機関係はあんまり少なかった感じですが、いくつか購入。
他にも凄いマニアックなミリタリー冊子が色々あって、ついつい買ってしまうという…。

おかげで予想以上にお金を使ってしまいましたが、
とても楽しかったです。
朝から来て並ぶ人の気持ちもわかるような気がします。
次回も行きたいなぁ。 

予想以上に時間が掛かったけれども

MiG-3Uスキン作成の続き。

ぶっちゃけ痛機スキンなわけですが、キャラクターの絵の選定や構図を考えて
試作→ボツ→試作→OKみたいな流れを繰り返して、ようやく1つ目のスキンができたかな~ってところです。
スキンの配置のせいで上手く貼れず悩んだり、良い素材が見つからずネット上を探しまわったりと
物凄く時間がかかってしまいましたが、ようやくまともな感じになりました。

今回は2パターン考えておりまして、現在2つ目を作成中。
ベースの塗り分けはできたので、あとはキャラクター絵を配置すれば…と言うものの
素材が全然ないのでこれからどうするか悩み中。

あと残り1週間ですが、盆休みもあるので比較的余裕がある…かなぁ?
動画用のミッションファイル作りにも時間がかかりそうで結構ギリギリになりそう。
事情により日曜日は作業が出来なさそうですが、頑張って進めいます。 

いろいろ問題点

MiG-3Uのスキンなんですが
左翼上面のエルロン、右翼下面のエルロンの境界部分がおかしなことになっていて
非常にスキンが作りにくい構造になっていますね…。
わかっていたけど、絵を張り付ける段階でやっぱり厳しいという事が判明。
う~ん、どうにかして誤魔化したいところです…。


余談ですが、ストライクウィッチーズ劇場版のBD/DVDの早期予約特典の〆が本日8/10までとのこと。
まだの人は急いでチェックだ!
私もギリギリになりましたが昨日購入する店を決め、ポチりました。
10月26日が楽しみだー。 

プロペラのスキン配置

MiG-3Uスキンの続き。

プロペラを黒っぽく塗ろうとスキンを弄っていたわけですが、
どうもスキン上の配置が分からなかった。
プロペラとして場所を確保されていないようで、
別のパーツの場所から共用されているという事が判明。

場所を絞り込んでいき、最終的にこの場所!と判明できたのがこちら↓

120808_1.jpg

スキン画像左上の、足カバー内面の一角(およそ25ドット)を塗ると、
プロペラに色が反映されます。
えぇ~!って感じでビックリですよ…。
これじゃあ小さすぎてプロペラ端だけ色を塗るとかできないんですよね。
非常に残念ですが、妥協せざるを得ないです…。


120808_2.jpg

スキンテンプレートもどきはほぼ完成しました。
ナビライトの描き込みや、薄く排煙載せてみたり。

コックピット内もこだわっても良いんですが、
あまり時間を掛けたくないのでこのままでいいかなぁ。


さて、これでようやく本来の目的であるスキン作成の方に入っていこうと思います。
スキンは動画で使うので、公開までは画像は出しませんのであしからず。 

ほぼ出来てきた

120807_1.jpg

エルロン、エレベータ、ラダーの表現と
全体のテカり、表面の質感なんかを書き込み。
なかなか様になって来たんではないでしょうか。
あとは排煙や、ナビライトとかですかね。

120807_2.jpg

下から。
主翼後部胴体のちょっと出てるラインは、
別の場所と被っていて消せず…。
いろいろスキンとしておかしな部分も多いのですが
まぁ仕方ないですねぇ。 

サクサク進んでます

MiG-3Uスキン製作の続き。

120806.jpg

ラインの調整→リベット描き込みが終わったので、立体的に見えるよう処理してみました。
機体色が真っ白だと解りにくいので、グレーで塗っています。

120806_2.jpg

リベット周りの凸凹具合は強弱調整可能。
まぁこんな感じですかねぇ。

主翼にはラインやリベットがほとんど無いので作業が思ったよりサクサク進みました。
たしか戦争中期ぐらいまでソ連機は木金混合なんでしたっけ(大量生産優先のため資材節約)。
主翼の表面が木製なのかよく知らないけど、とりあえずスキン作る上では楽でした。


順番が前後しましたが、このあと三舵の描き込みを行います。
それが済んだら排煙汚れとか塗って、大体完成かな~。 

ラインのみですが

MiG-3Uのスキンを作ってます。
まずはVoidスキンの作成から入ったのですが
資料が少なくあまり進みません。
他の人の上手なスキンを参考にしつつ、自分なりのスキンにする予定です。

120805.jpg


ライン引きのみですが大体終わりました。
まだ線の位置が合わないところが多々あり、微調整中です。
翼下面とか資料が全然なくて、プリセットや他の人のスキンを目安に線をカキカキ。

この後の作業予定としては、ラインの微調整したあとリベットを描き込み、
エルロンとかの羽布張りの処理をして
ラインとリベットが立体的に見えるよう工夫する、ってとこですね。
余裕があれば、もうちょっと立体感を出す工夫もしたいけど
正直時間が無いので省略かなぁ。

MiG-3Uのフラップ下面がスキン上で左右共通だったりと
謎配置になってる部分がいくつか。
こういうのは痛機スキンとか作る上では非常にやっかいで残念。 

思ったよりVoidがいまいち

次の動画用のスキン作成に入ろうと思ったんですが
その機体のVoidスキンをよく見るといまいちな感じでして
急遽、簡易テンプレートを作ることに。
と言ってもラインとリベットがメインで、その他はVoidから流用しようかなと。
おかげでかなり時間がかかりそうな予感がしているけれども
頑張って進めていこうと思います。

もうちょっと進めたら画像アップしようかな。
まだ主翼のライン引きぐらいしか終わってなくて…。