DCS: A-10C WARTHOG

121231_1.jpg

DCSシリーズ、A-10C WARTHOGのDL版を購入しちゃいました。
セールは来年3日までとかだったかな。
とりあえず安いうちに買っておこうとぽちりました。
決済はpaypalもおkなので、思ったより楽に買えます。

私はパッケージ版P-51Dを入れてあるので、
DCS Worldに追加するモジュールタイプ(331MB)をダウンロードして導入すればOKでした。

121231_2.jpg

うほ、P-51とは比較にならないほど多いスイッチ類。
P-51Dですらまだ無線関係は全く弄ってなくてわからないのに
これはハードルが高そうだ。

121231_3.jpg

クオリティの高さは流石ですね。
ミサイルや爆弾もリアルに作られてます。


10年ぐらい前に、PS2で発売されたエナジーエアフォースと言うゲームがあるのですが
そのゲームにもA-10が出ており、プレイした記憶がある。
現用機の複雑さを垣間見た…と言えるのかわからないが、
とりあえずカッコよさは理解しているつもり(笑)

ここ数年はWWⅡの飛行機しか触れていないので
現用機に関する知識は無いに等しい感じです。
また新しい気持ちでA-10でバリバリできると思うと、ちょっとワクワクしています。



公式サイトからマニュアルをダウンロード。
…pdfで671ページって(驚愕)。 
スポンサーサイト

C83行ってきた

予定通り、コミケ(C83冬コミ3日目)に行ってきました。
朝は7時ぐらいに家を出て、並び始めたのが8時20分ぐらいだったかなぁ。
電車の時間的にはもっと早く家を出ることもできましたが、
まだまだ初心者(2度目)ですので雰囲気を知る程度の時間にしておきました。

東館を回る予定でしたが、西の待機列に並びました。
どっちに並んでもそんなに変わらないみたい?な情報があったので
とりあえず西に並んでみた感じです。
たしか9時25分ぐらいから私が並んでいた列がぞろぞろ動き出す。
途中止まったり進んだりを繰り返して、階段上る前の広場あたりで10時になり、拍手が響く。
物凄い人数の列をスタッフが移動させたり待機させたり指示しているわけですが
これだけの人数の列を面白おかしく捌いていくスタッフさんマジ凄いっす。

東館に入ったのが10時20分~25分ぐらいだったかな。
それからチェックしたサークルを周っていたら2時間は経っていた…。
一通りチェックしたところは済ませて(完売で買えなかったところも多々あったが)
企業ブースのある西館へ移動。
屋上はコスプレスペースになっていて、歩きながらチラ見して通り過ぎただけですが
凝った衣装の人とかいて面白いですねぇ。

企業ブースでは、正直買うものがあまりない;あっても売り切れてたのですが
最低でもこれだけは買っておこう…と思ってたものは買えたので、まぁいいかなー。

そんな感じで早めに切り上げ、13時半には帰りの電車へ。
家に帰ったら時間の割に結構ヘトヘトで、いまだに肩が張ってる感があります。

にしても、午前中の東館の戦場っぷりが半端ないですね。
前回(初参加)のときは午後から入ったのですが、それでも凄かったんですけど
さらに凄いという印象。
あれだけの人が右往左往、列を作ったり移動したりと動くわけですから
通路が詰まったり押されてぶつかったりもするわけだなぁ。
ちなみにそんな中歩き回ってると、結構暑くなります。
外は12月末の気温なわけですが
会場内は比較的暖かい感じですね。
帰るころにはシャツが汗ばんでました。
貼るタイプのカイロをしてたんですが
流石に帰る前にはがしちゃいました。

とりあえず今年はコミケの雰囲気を掴めたので、
良い体験をしたのと同時に、今年最後の一日を満喫できてよかったと思います。 

大掃除は…来年かな

今日は家でのんびりと過ごす。
後、色々な買い出し。

明日、31日はコミケに行ってこようかと。
朝早く家を出る予定なので
防寒グッズ等の準備を済ます。

大掃除…それどころか普通のレベルの掃除も年内にはやらないかも。
1月1日にやっておきたいかな。
2日は皇居の一般参賀に行く予定。
3日はのんびりと過ごせたら。
そんな感じの正月の予定。

スキンも作らないとなぁ。
とりあえず、明日に備えて今日は早めに寝てしまいます。 

仕事納め…のはずだが

金曜日で一応会社としては仕事納め…なんですが、土曜の朝もちょっぴり仕事が。
昼からは会社の忘年会と、休めない環境が…う~ん。
休み中にスキンを作ったり、色々考えてることを実行したいのですが
どうにも時間が足りないかな~。

仕事始めは4日で、5日の土曜も出社予定が既にできてるという…。


最近寝不足気味が特にひどく、割とキツイ毎日ですが
とりあえずこの土曜を乗り切れば休みを迎えられそうです。

余談ですがDCSシリーズがホリデーセールで安くなっているので
A-10を買おうかな~なんて考えてます。
はたしてプレイする時間があるのか…とりあえず安い時に買っとけパターンですかねぇ。 

HDR設定

エンジン始動をスムーズにできるよう、
ジョイスティックのスイッチにキーを割り当てる。
これで離陸までの操作を手元でできるようになりました。
ついでにガンセーフティーやロケットのセレクタも割り当てたので、グッと便利に。
一番設定した方がいいのがキャノピーの開閉かな。
ドラッグで操作するとなかなか閉められなくてイライラしちゃいますので…。

そのほか、設定でコックピット内のセルフシャドウをONにしたり、
HDRを有効にしたり。

HDRの設定は、COLD、Normal、WARMと選べるようで
ちょっと試してみました。


HDR:COLD
121227_1.jpg

HDR:WARM
121227_2.jpg


HDR:COLD
121227_3.jpg

HDR:WARM
121227_4.jpg

結構違うな~。
う~ん、どちらがいいかな。
WARMのほうがコントラストが高くて好みではある。
でもCOLDのほうもなかなか捨てがたい…。
 

キャンペーンとかプレイ

DCS:P-51のキャンペーンミッション?をプレイしてました。
と言っても難しいわけではなく、離陸しろ!とか、リングをくぐって飛べ!とか
基本的な操縦関係のミッションでした。
やっぱり離陸が一番難しい。

90MPHぐらい出るまでスティックを引いて真っ直ぐ進めば成功率が高い気がする。
そのままスティックを引いてると機首が浮き上がってバランス崩して墜落、となりかねないので
途中でスティックを中立位置に戻すのですが
P-51ではスティックを引く=テールホイールロックなので
スティックを戻すタイミングが早いとテールがふらつき、
横滑り状態に陥る確率が高い。
しかもラダーでも修正不能な場合が多く
そのまま内翼を地面にこすってドカーン!
というパターンを何度も経験した…。


もっとトレーニングで練習するべきか。
う~ん、でも面白い。


ちなみに今ホリデーセールで安く買えるみたいですね。
ぶっちゃけ日本語簡易マニュアルは要らないので、
DL購入をオススメしておきます。 

ガールズ&パンツァー BD第1巻

121224_1.jpg

届いたった!
ガールズ&パンツァーBD第1巻です。
収納ボックスほか特典いろいろ付いてきます。

121224_2.jpg

キャラクタートランプはBDのケースの方に入ってました。
原案画集は大洗の面々だけでなく、ダージリン、ケイ、カチューシャ等々も載っております。
観賞の手引きの方には設定資料も多く、みほの部屋の間取りなども細かく載っていました。

そんなわけでこれから6巻まで買い揃える予定です。
正直なところ数週間前まではBDを買う予定は無かったのですが
買おうと思った決め手は、8話のプラウダ校のカチューシャを歌うシーンと、
9話のラストシーンですね。
まさかアニメでカチューシャが聴けると思わなかった!しかもちゃんとロシア語で!
ノンナ役の声優にはロシア語堪能な上坂すみれさんを充てるあたりが
この作品は分かってらっしゃる!とグッときました。
個人的に物凄く好きな声優さんで、webラジオも見てますが
当人もこれについて非常にハイテンションで語ってたのが印象深いです。
9話のラストシーンは絶妙なタイミングで終わって、次回の展開が非常に気になる引きだなーと
作品としての出来のよさに心を打たれた感じです。
ここまで自分を引きつけた作品なのだから、BDを買っても損は無いな!と思った次第です。



う~ん、グダグダーっと3連休が終わってしまった。
年末最終週の仕事も忙しくなりそうだなぁ…。
はやくスキン作らねば…! 

高高度飛行

息抜きにDCS:P-51Dで遊ぶ。
今回は高高度飛行に挑戦してみました。

121223_1.jpg

DSCでコントレイル出るまで高高度を飛ぶのは初めてですが
過給機もオートで作動するため、何も操作する必要もありません。
なので、ただ単にずっと上昇していただけです。

121223_2.jpg

成層圏の雲に手が届きそうな感じが雰囲気があって良いな~と感じました。
このゲームは空もよく出来ているなぁ。

121223_3.jpg

遠くの地表もぼんやり見通せます。
実際はどうなのかはよく分からないけど
個人的にはリアリティーがあっていいと思う。


今日なんどもエンジン始動→離陸の練習をしていたんですが
やっぱり離陸が一番難しい気がする。
エンジン始動はサクサクっとできるようになったのですが
離陸時のスティックやラダーの使い方がまだ慣れないなぁ。 

悩んで決まらないー

初日の出フライト用スキンですが
色々悩んでて決まりません。

安直にP-39とかで蛇にちなんだキャラクターで痛機にするのも良いのかもですが
少し捻りたいなぁなんて。

今考えているのだと、ちょっと蛇から遠ざかるというか
ちょっと関係してるかな程度なのが…う~ん。

お題は強制ではないので問題ないのですが
他にいいネタが無いか考えてみます。 

初日の出フライトに向けて

既に告知が出てしばらくたっていますが、
新年のIL-2マルチプレイイベントとして恒例となっている
Rowheiさん主催の初日の出フライトが開催されます↓

初日の出フライト2013

参加者が思い思いのスキンを付けた機体で一緒に飛行し、ゲーム内で日の出を迎え、新年を祝うイベント。
痛機スキンの公開の場としても盛んで、私もスキンを作って参加しております。

今年は”できれば”2013年の干支に関した(巳:へび)に関するスキン、というお題が出ていて
強制ではないのですが、せっかくなので挑戦してみるのも面白いかなーと思っております。

IL-2のバージョンは4.11.1のバニラ(MODなし)なので、機体は限られてくるため
何だかネタがかぶりそうな予感がしてます。
(まだ全然決まってないけど)

そんなわけで、これから年末に向けてスキンをゆっくり作っていく感じかなー。
リアル事情(仕事)のほうが年末で忙しいので、ほんとに作業時間が取れるのか微妙なところ。
ちなみに29日まで仕事が詰まっていて…う~ん。 

動画うp 【IL-2】 高速雷撃に挑戦

アップしました↓
【IL-2】 高速雷撃に挑戦

日本海軍の誇る91式魚雷を、N6N2天山にて敵駆逐艦目掛けて使ってみました。

まず言っておくと、今回は思った以上に内容が薄いです。
空母を発艦して、雷撃して、着艦する。これだけと言えばこれだけです。
主眼を変えると、天山の発艦や着艦を見る動画とも言えるかなぁ。
DCS:P-51Dをやりだしてから離陸や着陸を丁寧に動画にしてみたいな~なんて考えていたのです。
まぁそんな感じで盛り上がりに欠けるあっさりとした動画になってしまいました。

91式魚雷についてはwikipediaに詳しく書いてあったので参照すると良いかと。
高速雷撃って面白そうだなーと思ったのがきっかけです。

最初、標的艦のAIをVeteranでプレイしていたのですが
雷撃する以前に上空から接近する段階で物凄く被弾しまくって
緩降下に入ったあとも至近弾で機体が真っ二つに折れたりエンジン死んだり主翼がぶっ飛んだりと
とても動画にできる状態ではなかったため、AIレベルをAverageに落としました。
逆に、全然被弾しなくなりすぎてちょっとつまらなくなった感もありますが…。
とにかく、雷撃が物凄くリスクが大きい攻撃だということを十分に知ることが出来ました…。

高速雷撃では、300ノットという高速で雷撃するわけですが
敵艦との距離を計るのがかなり難しいですね。
相手が速度を出して前に進んでいるならば、かなり前方に向かって
魚雷投下するわけですが
投下タイミング(主に距離)がちょっと変わるだけで
魚雷が敵艦の前や後ろを通り過ぎていってしまう。
動画にしたのは、そんな感じで何度も何度も挑戦して
ようやくキレイに当たったプレイなのです。
ここで、雷撃がいかに難しいかを改めて知ることとなりました…。


BGMは、ドヴォルザーグの交響曲第9番<新世界より>の、第2楽章<家路>より。
今期のアニメで"新世界より"が放送中ですが、
タイトルにもなったその曲が動画用に使えるかな~とふと思い、使ってみました。
結局エンジン音であんまり聞こえないんですけど、まぁ悪くないかな~と。

そんな感じで第67作目でした。
今年の動画はこれが最後かな。
来年ももちろん動画をアップしていく予定ですー。 

キャプチャまで

次の動画ですが、とりあえずキャプチャまで終了。
せっかく上手くプレイできてもntrkが正常に撮れてなかったりして
どうしたものかと悩んでいたのですが
普通にtrkで保存すれば位置ずれとかしなかったというオチ。
ntrk≧trk だと思ってましたが、逆の場合もあるんだなぁ。

編集作業は明日予定。
遅くとも水曜にはアップしたいところ。


話は変わりますが、深夜遅くまで起きてガールズ&パンツァーを視聴。
やっぱ今期で一番おもしろいアニメだと思う。
毎週続きが気になってリアルタイム視聴しております。
戦車はあんまり詳しくないけど、
アニメでこの挿入歌・BGMが聴けるとは…!と驚きつつ、楽しめてます。
9話まで見てBD買うことを決心、全巻予約してしまったり。
BD1巻の発売が楽しみだなー。 

作り直し

次の動画がとりあえず完成まで行きまして、見て確認したところ
どうしてもしっくりこない感じがあったので、
ほぼ0から作り直すことにしました…。

で、今改めて録画用のプレイをしている真っ最中なんですが
思っていたより難度が高く、まともなトラックが撮れないという状態で…。
これは思ったより時間が掛かるかもなぁ。

 

今月の動画

最近はすっかり動画アップが月に1本になっている現状。
仕事が忙しかったり別のゲームしたり、あまりIL-2プレイしてないときでも
最低でも1ヶ月に1動画は作り続けていきたいと思ってます。

で、今月の動画ですがようやく内容が決まりました。
テーマとしては、雷撃機です。
とはいえ何機種も出さずに、一機種に絞るつもりです。
なので尺としては短めになるかも…?

できれば土日に仕上げたいが、今週も土曜日は仕事があって、しかも長引きそうな予感…。 

IL-2 Sturmovik: Battle of Stalingrad に期待

ついに、CloDに継ぐIL-2の新規タイトルが開発中と言う情報が公開されましたね↓
http://il2sturmovik.net/

Rise of Flightを作った777 Studiosと1Cが製作チームを組むとのこと。
タイトルは、IL-2 Sturmovik: Battle of Stalingrad らしい。
略称はIL-2:BOSでいいのかな。とにかく楽しみだ。
Rise of Flightのゲームエンジンが使われるとのことですので、
ちゃんとしたゲームとして仕上がるという期待が持てそうです。

あぁ、楽しみすぎる!
既に各所でこの話題でにぎわっていますが、私的には凄く期待してます。
CloDが残念な感じに黒歴史化しているわけですが、
IL-2:BOSこそはしっかりとしたゲームにしてくれることを祈ってます。
発売予定が2014年初頭らしいけど、どれだけ待たされるかちょっと不安ですけどね。
まだまだ先ですが、非常に楽しみです。 

AIに勝てない

静止状態からのエンジン始動→タキシング→離陸→着陸と、一通りの操作を覚えました。
エンジン始動方法も、最初思ってたよりは簡単に覚えられました。
意外と操作するキーは少ないんですよね。

で、今はドッグファイトに挑戦中。
AI操作のP-51ドッグファイトができるのですが
このAIが強すぎて全く歯が立たない…。

121211_1.jpg

フルボッコにされ両翼がもげた。
エンジンカバーも外れて、中のエンジンが見えてます。
ここまでちゃんと作られているのですね。

121211_2.jpg

AIの操作するP-51Dソ連カラー。
なにこれマジかっこいい。
それはさておきこのAIが異様に強くて、
IL-2でいうACE設定AI以上だと思います。
こちらの動きに対応する確実なコントロールと、超ゴルゴな射撃能力を持ってます。
特に射撃能力が恐ろしく、数百メートル側後方から突っ込んできて急旋回しながら当ててくるという…。

何度も挑んでいるんですが、私の腕ではどうにも勝てないようで…う~ん。 

作り込み半端ない

121209_4.jpg

ロケット発射や爆弾投下のやり方を習得したので、コックピット外から眺めてみた。
ロケットの噴出炎かっこいいな~と近くでよく見てみると
マジで?って思うぐらいモデリングがよくできています。

121209_5.jpg

爆弾。
フィンや取り付け金具なども半端ない作り込みです。

121209_6.jpg

機銃を撃ってみた。
空薬莢にご注目。
ビックリというか、ここまで作り込まれていることに驚愕です。
 

ようやく飛んでみた

121209_1.jpg

DCS:P-51Dでのフライト。
離陸が思ったより難しい!
IL-2とは感覚がちょっと違いますね。
滑走路に沿って真っ直ぐ滑走するわけですが
テールが浮いてからトルクで左右に振られるようになり、
ラダーで修正するも機体が不安定になって
ロールするように翼端が地面に接触することが多い…。

何度もやって離陸できるにはできるのですが、ちょっと練習が必要だなあ。

121209_2.jpg

機体の質感が凄いです。
流石って感じですかねェ。

着陸の方も練習したのですが、
感覚はIL-2とあまり変わらなかったかな。
初着陸で一発成功しました。

P-51Dの計器は速度がMPHなため、いま何km/hなのか感覚的に解りずらいのですが
とりあえずトレーニングの指示通りのMPHでタッチダウンすれば何とかなりました。

121209_3.jpg

背景と言うか地上がよくできていて本当に飛んでる感があって凄いですね。
リアリティーのある街の上を飛ぶのはIL-2:1946では味わえない感覚。


次は兵装の練習中。
キーの割り当てで苦労してて、なんとか機銃と爆弾は出来るようになったけど
ロケットの発射方法がよくわからないー。 

エンジン始動の練習中

DCS:P-51Dを進める。
実はあまりプレイできていなくて、エンジン始動のトレーニングミッションを何度か受けています。
なんとなくは分かって来たけれども、いちいちこんな操作をするのはなかなか骨が折れそうだ。

キーコンフィグもやっているんですが、正直どのキーが大切なのかまだ分かっていないのが多く
あんまり進んでません。
ジョイスティックやこの前買ったエレベータトリムホイールもちゃんと認識してくれるので
軸設定に関してはそれなりに設定が終わっているんですがねぇ。

とりあえず今はエンジンがかかるだけで面白いです(笑)
タキシングの練習までやったので、次はようやく離陸かなー。 

第2回痛機フェスタ参加機体

BAHIA様のほうで、この前開催された痛機フェスタの投票結果が公開されました。
私の参加機体が多発機部門で賞を頂いたようで、この場を借りて感謝いたします。

というわけで、投票のため誰がどのスキンかを隠す期間が終わったので
私のスキンを発表したいと思います。

121205_1.jpg

機体はJu-88C-6NJです。
キャラクターは、ストライクウィッチーズより"ハインリーケ・プリンツェシン・ツー・ザイン・ウィトゲンシュタイン"です。
劇場版にもちょこっと出演しましたし、人気も高いキャラクターだと思います。
個人的にも夜間戦闘機スキーな趣味に合い、ワールドウィッチーズで好きなキャラクターの一人ですね。

121205_2.jpg

上面。
正直素材が少なく、上手い構図で絵を貼ろうと頑張ってみたのですが
なかなか上手くいかずこんな感じで妥協した、と言ったところ。
Ju88のエンジンカウルの盛り上がり部分には絵を置くと変なことになるので
それを避けて配置するのが大変でした…。

121205_3.jpg

裏面は正直どうしようもない。
左右で対称に配置されるから絵もあまり貼りようがない&エンジンカウルが邪魔で…。

Ju88のスキン構成が悪いのが問題で、かなり痛スキンが作りにくい機体です。
今回は、そういうのにあえて挑戦してみようというチャレンジ心もあり、
この機体&キャラでやってみることに決めました。

121205_4.jpg

もともと爆撃機ですが、この角度から見ると中々に攻撃的な雰囲気を感じます。
胴体がスマートだからですかねぇ。
スキンを作っていてより一層好きになった機体です。



というわけで、紹介でした。
来年の初日の出フライトに向けて、次のネタも考えないとなぁ。 

61-120

121204.jpg

見に行った記念にスキンを作ってみた。
機番と撃墜マーク入れて、ちょこちょこっと弄ったり。
まぁ”なんちゃって”なスキンです。

っと、スキンを作っていたら早くも夜遅くに…。
今週も仕事が忙しく、あまり時間がないんですが
なぜかそんな時に限って製作意欲が湧いたり…(笑) 

DCS:P-51D ムスタング

121203_0.jpg

零戦を見に行った帰りに秋葉原によって、買っちゃいました!
11/30日発売の、DCS:P-51 ムスタング 簡易日本語マニュアル付 英語版 です。
ここ最近になってP-51が好きになり始めた私にとって、とてもタイミングが良い感じなので
ついつい購入しちゃいました。

DCSシリーズは初めてです。
ガチシミュレーター色があまりにも強そうで、A-10とか興味あったけど現用機の複雑さは半端ないな…と悟り控えていたのですが、P-51ならレシプロ機だし私にも操作が覚えられそうかな~と思っていたりもします。

長いインストールとさらに長いアップデートを経てようやくゲーム起動、シリアル承認させてようやく飛行機を眺めるところまで行きました。

121203_1.jpg

画質設定はそこそこになっていまして、ちょっと重いです。
プレイしながら設定落としたりするかと思いますが、とりあえずこんな感じの雰囲気か~と観察。

121203_2.jpg

なかなかいい感じ。

121203_3.jpg

コックピットのスイッチ類はすべてクリッカブルのようで、全部操作できます。

IL-2:CloDと比べてどうなんでしょうかねぇ。
あれもガチシムな感じですが、今のところDCSの印象は同じぐらいかな。
CloDの大戦前期の機体と末期のP-51Dを一概に比べるのもあれですが…。

とりあえず、トレーニングのエンジン始動方法を練習中。
キーコンフィグが一旦終了しないとできないのか、ちょっと不便だなぁ。
早く飛ばせるようになりたいです。
 

日本の航空技術100年展行ってきました。

所沢航空発祥記念館で開催中の日本の航空技術100年展。
12/1(土),12/2(日)の2日間、オリジナルの栄エンジンを積んだ零戦の
エンジン始動会が開催されました。
両日とも、午前中の第1回、午後の第2回、第3回の合計3回行われました。

土曜日は仕事が忙しく行けなかったので、日曜日である本日参加してきました。
土曜日は仕事が結局夜まで掛かって、帰ってから1日目の様子をネットで調べて見ると
早々に整理券が捌けているようで、すごい並ぶという事が分かった。
なんと、6時ごろから整理券の列に並ぶ人もいたとか…。

そこで私も負けじと、6時台から並んでやろうと頑張ってみました。
せっかくのチャンスですしね!

まず特に準備をしていなかったので、入館料とか慌てて調べだす。
事前に買っておいた方が良いという情報もあり、
ローソンチケットで出発前に前売り券を購入しておくことに。
前売りだと、通常1000円のところ、900円で買える。
だけど、手数料とかで結局+315円の1215円かかりました。

路線情報を調べると、私の自宅から現地まで1時間10分ぐらいかかる模様。
始発の関係もあり、あまり早すぎると所沢駅からかなり歩く羽目になるので、
航空公園駅に電車で最短時間で着くことを考え、6時20分着予定と設定。
ちょっと早めの朝5時に家を出て、ローソンでチケットを引き取り
電車を乗り継いで予定通り到着。
6時19分に第一回目のエンジン始動会の整理券配布列に並び始めました。

この時、既に150人~200人ほどの人が並んでおり、
一体何時に来てんだろう…と思ったほど。
まぁ一回あたりの定員は420名ですので、とりあえず整理券がもらえるのは確定でした。

121202_1.jpg

並んでいたときに、公園内で熱気球をあげていたのが見えた。
お客さんを順番に乗せて、数十メートルの高さまで登ったり下りたりしてたみたい。
風で気球が煽られ、遠くから見ると危なそうに見えた(笑)
けど、そのぐらいの高さでいいから一度乗ってみたいなぁ~と思う。

話を戻しまして、整理券の列に並んでいる間にスタッフの指示等が。
まず、トイレに行くなど列を離れる場合は前後の人に言っておくこと。
次に、当日券(チケット)を持っていない人にはあとで売りに回ります、とのこと。
そんな感じかな。あと、集合場所の書いた地図が配られました。

暫くして、当日券を持ってない人のためにスタッフが列に沿って周り始める。
なんだ、普通に買えるのかぁと思ってしまった。
価格は1000円なので、215円損した気分(笑)
まぁ備えあればなんとやらですかねぇ。

ほどなくして、第一回の列は定員に達したようでした。
第2回の列も相当並んでいるようで、第3回は整列場所が遠く確認できず…。
並んでいる人も様々で、男性メインに女性や子連れ家族なども見かけました。
…やがて、すべての回が定員となった。

整理券の配布は10時からの予定であったが、スタッフの計らいで早めてくれることに。
9時30分ぐらいに配布開始。
チケットを見せて持っていることを確認して、前に進んで整理券を受け取る。
3時間10分も待って、ようやくゲットしました…長かった。

121202_2.jpg

私の整理券は178番でした。
早く来たかいがあったかな。
開始30分前には集合とのことなので
10時半ぐらいまで暇だったので、C-46とか見て周ることに。

121202_3.jpg

展示物とは言え、飛行機を間近に見られる良い機会でした。

121202_4.jpg

エンジンとか迫力ありますね~。

自販機でジュース買ったりして休憩したのち、
10時20分ごろに整理券所有者の集合場所へ向かう。
1~50番、51番~100番、101番~150番、…、と言う感じに並びました。
で、徐々に並び始める中、なんと10時25分ぐらいに入場開始。
若い整理番号だけど列に並び損ねて後の列と一緒に入場した方もちらほら。
この集合は早めにに集まっておかないと、ですねぇ。

チケットにハンコを押してもらい、会場内へ。
入ってまっすぐ進んだ建屋側には報道関係等関係者席、
入って右側(零戦を挟んで建屋の向かい側)が、見学者の席。
で、席は早い者勝ちですので整理券が早い方が良い席を撮れるという仕組。

121202_5.jpg

私の席はこんな感じ。
零戦の正面側は立ち見のようでした。

121202_6.jpg

前の人の頭が見切れていますが、まぁ仕方がないかな。
ちなみに、最後列の椅子に座っている方は
椅子の上に立って写真撮っていたので、前の人を撮らずに済みそうですね。
なので、写真を撮られる方は最後列の椅子が良いかもしれません。

10時50分ぐらいに、マイクが入り解説が始まる。
この位置からだと、ちょうど零戦の向かい側に立っておられたようで
パイロットさん達の姿をちゃんと見ることが出来ませんでした。

121202_7.jpg

乗り込むところ。

121202_8.jpg

なるほど、こうしてコックピットに入るんですねェ。

121202_9.jpg

意外と閉めずらそうに見える。
ふむふむ~。


121202_10.jpg

そして遂に始動です!
オリジナルの音を生で聞くことができ、感動です。
動画も撮っていたんですが、普通のコンデジなんで画質も音も微妙だし
手振れが激しいのでアップはしません。
youtubeとかでも他の方がアップされているのも見れるので、
そちらを見た方が良いかな~。
でも、やっぱり生の感動というものがあり、
機体後方の建屋のカーテンがなびいていたりと全体を見渡しての感動と言うものがありました。

121202_11.jpg

終了後の退場時のわずかな時間に周りから零戦を撮ってみました。

121202_12.jpg

121202_13.jpg

121202_14.jpg

121202_15.jpg


とまぁこんな感じで、会場を出ました。
写真や動画をたくさん撮ったので、大満足です。
長時間寒空の下待った甲斐があったというものです。

その後、展示館の方へ移動。
さっきハンコを押されたチケットを見せて、入場。
一度退場しても再入場できるみたいです。

121202_16.jpg

館内にはヘリや練習機などが吊るされていました。

121202_17.jpg

いろいろな展示物。

121202_18.jpg

零戦のパネルや

121202_19.jpg

最新のジェット機に至るまで、日本の航空史に関わる物が展示されております。

121202_20.jpg

個人的にかなり気になった物。
飛燕の1/10(たしか)の図面らしい。
こういうのを見るととってもワクワクします。

121202_21.jpg

ハ40もありました。かなり損傷していますが…。

と言う感じに、展示物も飛行機好きにはとても楽しめる内容となっております。
これだけでも楽しいかも。
3月末にも零戦エンジン始動会やるようなので、その時行かれる方は是非館内も要チェックおすすめします。
あと、館内にショップがあって、プラモとか売ってました。
余り物なのか、日本の航空技術100年展の旗が2000円で売っていたので、つい記念に購入してしまいました(笑)。

充分満喫して、航空公園を後にしました。
ちなみに公園内で色々やっていて、最初に書いた気球を始め、子供向けのヒーローショウ、ミニSLなど
家族連れで結構にぎわっている感じでした。
出店の食べ物屋もちょっと並ぶ(しかも割高)なので、
あらかじめコンビニで買って食ってもいいかもしれません…。

そんな感じで日本の航空技術100年展のレポートは以上です。
3月に行かれる方の参考になったり、
1日目に参加した人には、ここが違うとか新しい情報を伝えることが出来れば幸いです。

お疲れ様でした!