HoI4ドイツプレイ

 お久しぶりです。
最近やっていたHoI4でのドイツプレイが終わりました。
平日も家に帰ってから寝るまでプレイする毎日で、どっぷりゲームを楽しんでおりました。

170326.jpg
戦争終結後の様子。
緑がドイツで青が枢軸陣営。

 今回は1936年スタート→1950年まで掛かりました。
ぶっちゃけドイツだと通常難易度では世界制覇余裕なので、ゲーム開始時にできる調整で米英仏ソをMAX(+4)に強化、おまけで伊日中を+2強化という状態にしてゲームスタートしました。
中々歯ごたえがありましたが、独ソ戦が終わったあたりからは消化試合気味だったかな。
とにかく敵兵が多くてヤバイ感じでしたが、こちらもきちんと戦車師団を作っていけばなんとかなりますね。
ドイツの場合海軍を再建するのに時間がかかったのもプレイが長くなる要因だったかも。
あとは資源を得るために小国を侵略してくことも多かったかな。

プレイ年表

1936年:11月、スペイン内戦勃発、国粋派へ義勇兵を派兵。

1937年:5月にはスペイン国粋派の勝利で終わる。9月に日中戦争勃発、日本へ義勇兵を派兵。

1938年:日中戦争への派兵軍指揮以外は内政に従事。

1939年:8月末、ポーランドへ宣戦布告し世界大戦勃発。ポーランドを制圧し、道路(ベネルクス)に宣戦してフランスに攻め入る。
ルクセンブルグ即時降伏、割と粘られたが年内にはフランスが降伏。

1940年:1月中にはベルギー、オランダが降伏。その間、スペインを制圧するための正当化工作を開始、3月にスペインに攻め入る。4月には降伏し、併合。ジブラルタルを制圧し、同じくポルトガルに宣戦して制圧。
6月にはデンマークを制圧し、8月にはノルウェー上陸。
英国周辺の制海権は完全に取られているので、敵のフランス沿岸への強襲上陸続いている。
11月末、イタリアがユーゴスラビアとギリシャに宣戦布告。なんとその2国がコミンテルン入りして、枢軸メンバーのイタリア+ハンガリーがソ連+ユーゴ+ギリシャと戦争に突入。

1941年:しばらくドイツは参戦せず諦観していたが5月には戦力が整い、独ソ戦が始まる。
6月、ハンガリー領内に攻め込んでいたソ連軍100個師団以上を包囲殲滅することに成功する。
10月までは攻勢を仕掛けるが、冬になったら停止しインフラを整えることに従事。

1942年:6月から攻勢再開。比較的優位であり、ソ連を押し始める。
アフリカに派遣した部隊でスエズを制圧し、地中海を枢軸陣営の支配とする。
7月、アメリカがドイツに対し宣戦布告。日本も枢軸に加盟させ、全世界で戦争状態へ。
東部戦線では11月にモスクワを占領するに至る。昨年同様進軍停止し、インフラの整備に努める。
アジアでは中国大陸に連合軍が上陸し、日本はソ連と連合の2正面で壊滅的。

1943年:フランスやドイツ沿岸に強襲上陸してくる連合軍を撃退しながら、北アフリカの制圧などを進める。東部戦線は攻勢を再開し、もうソ連の大規模な反撃は無さそうなので押しまくる。年末にはウラル山脈付近にまで進出。南部はもっと進んで現在のウズベキスタンあたりまで侵攻。

1944年:6月、ついにソ連が降伏。ウラル以西を併合し、東に傀儡ロシア、傀儡新疆を建国。シベリアは日本が持って行った。
8月にはアフガニスタンとイランに宣戦布告し、北から制圧。流れでインドへ侵攻。制海権が取れないので陸伝いに東アジア方面に押していく。中東でもイラクやサウジアラビアに攻め入って、アラビア半島を制圧する。
10月、日本の関東へ世界初の原子爆弾が投下される。米の核開発早い。
12月にはインド全域を制圧。

1945年:海軍の再建を全力で進める。アジア戦線では12月には中国の中腹までを制圧。補給状況が悪く、思うように進まない。

1946年:6月、ドイツの空母機動部隊でドーバー海峡の制海権を抑え、英本土へ上陸。米軍100個師団以上が居たが、重戦車師団でひねりつぶす。8月にはイギリスが降伏し、多数の米軍の殲滅に成功する。おまけでアイルランドに宣戦して制圧する。
アジアでは中国全土を制圧し、枢軸陣営のものに取り戻すことに成功する。

1947年:さらに海軍を増強し、アイスランド、グリーンランド経由で北米大陸へ迫る。島を落とすのには結構時間がかかってしまう。
5月には日本本土が連合国に制圧されつつあったが、新設した機動部隊をアジアに派遣し、日本周囲の制海権をとって部隊を送り込み、鎮圧。

1948年:東南アジアへの侵攻。北米侵攻はようやくグリーンランドを落としたところ。

1949年:2月、資源目当てでトルコに宣戦、制圧する。
3月にはニューファンドランド島に上陸。7月ついに北米大陸カナダのケベックに上陸成功。戦車部隊を送り込み、制圧開始。
この時点で制海権はもうドイツのものであった。
米国東海岸を攻め取っていく。

1950年:3月、米国降伏。5月、カナダ降伏。
11月には東南アジア方面から進撃した部隊が、最後の連合盟主国であるオーストラリアの攻略を進める。
あと一歩で戦争終結のため、試しに原爆を投下してみたら、なぜかメキシコが連合に加盟。
北米にいた戦車部隊で急きょメキシコを攻略し、12月にようやく終戦、連合国との講和会議に至る。
大部分を併合したり、傀儡にしたりで、枢軸陣営の勝利で終了。



 こんな感じのプレイでした。
強化しただけあって米ソの物量がさらにやばい感じでしたが、独ソ戦緒戦におけるソ連軍の殲滅が大きかったかな。
イタリアと日本の強化はいらなかったかもなぁ。余計に部隊を増やしてゲームが重くなるし…。
大国プレイでは戦線が膨大になるので、管理がめんどくさくてアジア戦線は途中から適当にAI任せにしてました。
兵器の生産も、軍需工場が300とか400もあるとその資源の確保が逆に大変になりますね。
中盤ではタングステン、終盤ではクロムが大量に必要になりました。
石油やゴムはプラントを建てればなんとかなるけど、それ以外の資源は産出国を攻めたほうが良いですね。



 これで現在のバージョンも一通り楽しめた感があるなぁ。
Mod入れたりまだまだ楽しみ方が無限大にあるゲームです。
ニコニコ動画などにもいろんな人の動画がアップされてて面白いですね。
今回のプレイも録画しながらやってましたが、この膨大な動画を編集するのは流石に厳しいと思ってしまったので、やっぱりやめておきます。フラシム動画の比じゃない時間が取られてしまいそうなので…。 
スポンサーサイト

劇場版オーバーロード見てきました

お久しぶりです。
先週、今週で、劇場版オーバーロード総集編 前編/後編見てきました。

170312_1.jpg

 劇場で思わず撮っちゃいました。
オーバーロードはTVアニメのBD買うぐらいには好きな作品なので、今回の劇場版は総集編ということでしたが是非観に行きたいと思っておりました。
一応新規のカットも入っていまして、これ追加されたのかーとか思いながら通しで改めて視聴する感じでした。
冒頭のシーンとハム助との戦闘が追加分としては印象に残ってます。
あと、ちびキャラアニメの「ぷれぷれぷれあです」特別篇が面白かった!
パンドラズアクターのコミカルな喋りのせいで劇場内も笑い声がクスクス聞こえるほど、楽しい短編アニメでした。

 そして、後編最後には特報ということでTVアニメ2期が決定とのこと。
凄い楽しみだー!

170312_2.jpg

前編(2週目)の来場者特典(アルベド)と、後編(1週目)の来場者特典(シャルティア)。
オーバーロードのキャラはどれも好きだけど、どれが一番好きというのも無かったりする。
しいて言うならアインズ様かな…(笑)