計画機とか

久々に本を買ったのでご紹介。


WUNDER WAFFEN ~ヴンダーヴァッフェン~ (ドイツ第三帝国1946)

WUNDER WAFFEN ~ヴンダーヴァッフェン~ (ドイツ第三帝国1946)
(2014/07/14)
リシャール・D・ノラン

商品詳細を見る

バンド・デシネと呼ばれるフランス式のフルカラーマンガ本。
過去にも色々買っていましたが、本屋で新しいのが出てたので速購入。

今回のは架空戦記となっており、1946年のドイツがメインのお話です。
ソ連のジューコフ将軍らが急死したり、米のノルマンディー上陸作戦が失敗したりで
1946年までドイツ第三帝国が生存しているという設定らしい。
表紙にも描かれていますが、リピッシュP.13aを始めとして
Ta183やMe262HGⅢ、P.194という変り種や、なんとトリプルフリューゲルまで出てきます。

一応マンガとしてのストーリーとしては、
ドイツのエースパイロットがヒトラーやその取り巻きなどに翻弄されながらも
激戦地で戦いぬくって感じですかね。
この巻だけで終わりじゃないのか、なんか中途半端に続く…って感じで終わってますが
続巻を期待したいところ。

まぁとにかく架空機が大真面目に戦闘してますので
読んでるだけで妄想がはかどりますね。

----------------------------------------------------

さらば空中戦艦富嶽—幻のアメリカ本土大空襲

さらば空中戦艦富嶽—幻のアメリカ本土大空襲
(2002/01)
碇 義朗

商品詳細を見る

こちらも負けず劣らず超兵器なわけですが、
名前は聞くけど全然何も知らない機種のひとつですね。
日本の重爆は全然モノにならなかった印象しかないのですが
とりあえず興味が湧いたので、この本である程度知っておこうかなと。
日本軍機はとくに種類が多いので、知識不足なのです…。

パラパラとめくって見ましたが、
機体そのものの解説ってわけじゃなくて
関わった人についてと開発史って感じですかね。
なぜこういう計画に至ったか、のが解りそうなので非常に興味深いし、
人物目線で書かれているので読みやすくて理解しやすそう。

----------------------------------------------------

久々にバンド・デシネを堪能した。
リピッシュP.13aがIL-21946に無いのがちょっと惜しまれる。
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://redler.blog111.fc2.com/tb.php/1033-e335652d