Oculus Rift DK2

先日海外から通販したもの…それが、

141203_1.jpg

Oculus Rift DK2 です!(ドヤッ)
突然な感じではあるのですが、実は前々から欲しい欲しいと思っておりまして
中々踏ん切りがつかなかったのですが、とうとうポチってしまいました。

141203_2.jpg

開封。それなりに丁寧な梱包がされておりました。
発注したのが11/21、配達が11/28(留守のため再配達してもらったので11/29に受け取りましたが)
だったので、実質たった一週間で届きました。
今から買う方の参考になれば。

141203_3.jpg

まず、最初に持った感想が「軽っ!」でした。
見た目ゴツくて大きい印象なのですが、
それに反してかなり軽く感じられました。

141203_4.jpg

裏側から。頭への装着は左右と上側のバンドとなります。
左右のはゴムバンドで、とめ具の位置をずらして調節が出来ます。
上側のバンドはマジックテープで二つ折りにくっつけている構造で、
長さをある程度自由に調節が可能です。
ケーブルは、この上部のバンドに沿って
見てのとおり頭頂部から首の裏側に垂れ下がる感じです。

141203_5.jpg

接眼レンズ。
レンズはまわして取り外しが出来るようになってます。
パッケージの中にはAとBの2種類のレンズが入っていまして、
Aのレンズが既に取り付けられた状態でした。
(Bはすごく近視な人向けっぽい)

実は、私は普段からメガネを掛けております。
一応メガネの場合はレンズの位置を調節してクリアランスを確保してね、
と取説には書いてありましたが、
レンズを傷付けるリスクがあるのでコンタクトレンズ推奨となっておりました。
そこで一大決心をして、その日のうちにコンタクトレンズを作ってきました!(笑)
本気で楽しむためなら時間とお金と労力は惜しまないのがモットーです。
というわけで、コンタクトを付けることで問題なくヘッドセットを付けることができるようになりました。

141203_6.jpg

ON状態。
左側のはポジショントラッカーです。
取り付けとしては、TrackIRみたいにモニターの上縁などにセットしておきます。

141203_7.jpg

肉眼では解り難かったのですが、デジカメで撮ると発光しているのが薄っすらわかる。
おそらくこれがトラッキング用の赤外線LEDのようだ。
なので、前面とかにステッカーを貼ったりといったことは出来ないとのこと。
(まぁやらないですけれども…)

PCとの接続は、USBが2箇所とHDMIが1箇所です。
HDMIはDVI変換も付属していたので、DVIでもOKっぽい。
あとはランタイムなどをインストールすれば、簡単に使用可能状態になりました。

ネットで色々と探してたら、ユニティちゃん(ゲームエンジンUnityの公式キャラクター)が
歌って踊るUnity用アセットをOculus用に変換したものがあったので、
落として見てみました。

141203_8.jpg

こんな感じ。
しかし、画像一枚じゃこの凄さは絶対伝わらないと思う。
まじで存在感半端ないです。
手を伸ばせばキャラクターに触れられるんじゃないかと思うぐらいですね。
あと、空間が全然ブレない。
下を向けば地面が見える、ごく当たり前のことなのですが
頭を振ろうが地面はその場所でずっと動かないので
ホントにバーチャル空間がそこに存在し、自分が入り込んだような気分になります。

その他、UrbanCoaster というローラーコースター体験が出来るフリーソフトも体験してみましたが
これが物凄くて、本物のコースターに乗っているときのような目が回りそうな感覚が味わえます。
しかし、体にはもちろんそんなGは掛かっていませんので、視覚と体感のズレのせいなのか
3週連続でコースター体験したら酔って気持ち悪くなりました(笑)

今後はフライトシムでも使うことになりそうですが
どれだけ酔いが発生するかが懸念事項かな。
現在のところ、DCS:WorldがOculus Riftに対応しているようなので
さっそくプレイしていこうと思ったのですが
実はPCを再セットアップしてから一度もインストールしてなくて
はじめから環境構築しているところだったりします。
…キーコンフィグとか保存してたっけなぁ。
まぁDCSについては追々試そうと思います。
IL-2:BOSも将来的には対応するらしい?ので、こっちにも期待しています。

そんな感じで、Oculus Rift DK2のレヴュー?でした。
スポンサーサイト
 

コメント

う~む 欲しいものがどんど出てきますな~><
これならトラックIRと併用しなくても首フリ連動な感じかな?
お手ごろ価格で販売されないかなぁ・・・・

そうそう。メールを送ってますので確認よろしくお願いします
2014/ 12/ 04( 木) 18: 44: 36| URL| kazudayo# tHX44QXM[ 編集 ]
 
もうご存知かもしれませんが。

戦艦大和バーチャルリアリティ復元計画
:「乗れる、そして動く実物大の大和」を建造。
http://camp-fire.jp/projects/view/1353

というのが始まってますです。
2014/ 12/ 05( 金) 00: 40: 33| URL| western0221# -[ 編集 ]
 
円安のせいか輸入品なので割高ではありますね…。
正式販売されるのに&VRデバイスが今後も増えていくことに期待ですね。

それと、先日は痛機フェスタの賞状と景品ありがとうございました。
ぜひ次回も参加したいと思います。
2014/ 12/ 06( 土) 05: 10: 36| URL| redler# -[ 編集 ]
 
是非、と思ったら普段使っているクレカが対応してなくて…。
Vprecaでいけるのかな。
とりあえず面白そうなので是非支払いたいところ。
2014/ 12/ 06( 土) 05: 13: 50| URL| redler# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://redler.blog111.fc2.com/tb.php/1080-0e7d2cc3