BOSでのスキン

IL-2:BOSでのスキン作りの第一歩。
とりあえず作れる環境にあるのかという確認から。
結果から書くと大丈夫だった。

150127.jpg

ダウンロードできるテンプレートがあるので、それを青く塗ってみただけですが、自作スキンの適用ができました。
公式フォーラムの記事に作り方的なのがあったのでその通りにしただけですけどね。
BOSのスキンファイルはDDSファイルという形式で、
私が使っているペイントソフト(GIMP2.8)の場合ですと、DDS Pluginを導入することでDDSファイルで書き出し(エクスポート)ができるようになりました。
ペイントソフト上で2048×2048の一枚の画像に仕上げ、DDSファイルにエクスポートして、ゲームの所定のフォルダに入れるだけ。

そしてなんと、Viewerというソフトがあってゲームを起動しなくてもスキンの確認ができる!

150127_2.jpg

スキン製作者にとっては神ツールといっても過言ではないでしょう。
ちなみに、右側の設定項目で照明のON/OFFとかが操作できます。
これならスキン作りが凄く捗りそうですね。
1946でスキン作るよりも簡単かも。
スポンサーサイト
 

コメント

こんばんわ。
初日の出や痛機のイベントでご一緒させていただいたシルフィードです。
redlerさんのブログに書き込むのは初めてですが、
だいぶ前から動画も含めて拝見させていただいております。

さて、たしかredlerさんの以前のCoDにおけるペイントの記事にて、
パネルライン等の機体のディティールは別描写になっているとのことでしたが、
今回のBoSも同じなのでしょうか?
それとも公式にテンプレートが用意されているなら1946と同じ??
公式を軽く見てみましたがテンプレートの場所が分からなかったもので。

まだBOSに移行することは考えていないのですが、
個人的にはフライトモデルやダメージモデルよりも気になるポイントですw
ペイントする人間には結構切実な問題。。。
2015/ 01/ 28( 水) 22: 32: 59| URL| シルフィード# Por5SglI[ 編集 ]
 
動画視聴ありがとうございます!
シルフィードさんといえば毎回クオリティの高いスキンを製作されており、その技術とセンスにはいつも驚かされております。ぜひ今後ともよろしくお願い致します。

スキンの件ですが、新たに補足記事を書いたのでご参照ください。
テンプレートがシンプルかつ良くできているので、非常に作りやすい気がしています。
2015/ 01/ 30( 金) 01: 08: 22| URL| redler# w3N1KdLA[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://redler.blog111.fc2.com/tb.php/1113-79ae504e