Cyborg R.A.T 7 Gaming Mouse レビュー

というわけで少しばかりレビューのようなものを。

120111_1.jpg

R.A.T.7
とりあえず今、このような形で使用中。

120111_2.jpg

右側に張り出しているのは、小指と薬指を置く台のようなもの。
今までマウスパッドに小指をつけていた私にとっては、なかなか新鮮な感じ。
左右に動かす際に無理なくスムーズに動かせます。

120111_3.jpg

甲の部分は少しスペースを開けてみました。
このパーツはもうちょっと高さのあるパーツと、グリップ仕様なパーツに交換可能です。
左サイドは開き角度と手前奥にスライドが可能。
とりあえず開きを閉じ、奥側にめいっぱいスライド状態で使っています。
これはまだ使って手になじむ位置を探っている最中です。


120111_4.jpg

ソフトウェアの設定画面。
読み取り解像度を4段階に変更可能。
と言いますか、好みの解像度設定を4種類保存できるといった感じです。
それとなんと、X軸とY軸で個別に設定が可能。
画像ではX軸よりY軸の値を上げて設定しています。
これも好みの操作感になるまで試しで使用中。

120111_5.jpg

キー設定プログラミング画面。
各種ボタンに割り当て可能。3モードまで保存が可能です。
画像では、サイドホイールに右回転に→を割り当てています。

設定の適用はSaitekの製品を使ったことがある方は分かると思いますが、
それのSSTと全く同じ感じです。
ちなみにデフォルト状態ではこのサイドホイールには何も割り当てられていないので、
何かを設定し適用しないと使用できません。


あとは、私の使っているガラステーブルの上ではレーザーの読み取りができず。
なのでマウスパッドが必要でした。
マウスとしては大きい方だと思うので、パッドも大き目の方がよさそうです。

とりあえずまだ使い始めて間もないので、これから使用し続けるに至って
不便なところとか見えてくるかもしれません。

RedOrchestra2をプレイしていますが、今のところいい感じに操作できています。
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://redler.blog111.fc2.com/tb.php/411-4c3aee2c