ドライバのインストールなど

HOTAS WARTHOGと、Cougar MFDのドライバーのインストールをやりました。
公式ページからダウンロードして特に問題なく終了。
キーの割り付けをするソフトウェアも落としてインストールしましたが
まだ弄ってません。

HOTAS WARTHOGは、スティックとスロットルでそれぞれUSB接続をするのでデバイスとしても分かれています。
以下、コンパネから見た画像。

130508_1.jpg

WARTHOGスティック部。
意外とボタンが多いですね。
まぁボタンと言うか4方向のハットスイッチみたいな感じなのが多いです。

130508_2.jpg

WARTHOGスロットル部。
Z軸、Z回転がスロットルとなります。
スライダーはスロットル右側のINCR/DECRのレバー?のやつです。
そして安心のボタン数。
ボタンというかスイッチがほとんどなのですが
このままではスイッチを倒すと常時ONとなると思うので
おそらくはキー割付ソフトで立ち上がり時のみキー入力ONとかもできるのかなぁ。
まぁその辺は追々やっていきます。

130508_3.jpg

Cougar MFD、押しボタンの宝庫です。
ちなみに2枚セットの商品なので、MFD1、MFD2と言う感じに別々に認識されます。
これだけで28ボタン×2枚となるため
IL-2ぐらいなら余裕でボタン割り振り出来ちゃいそうですね。
DCSでA-10ならば、ちゃんとMFDの各ボタンとしてそのまま使おうと思っていますが。



130508_4.jpg

良い感じの緑に光ります。
発光強度は調整できるみたいですが、とりあえず部屋を暗くして光らせてみました(笑)

スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://redler.blog111.fc2.com/tb.php/755-6531e4af