MFD画面をモニターに出す

DCS:A-10Cでは、ゲーム内のコックピットに表示される
MFD(マルチファンクションディスプレイ)などをモニター上に出力させることができます。
つまり、ゲーム内視点でコックピットのMFDを凝視せずとも
手元のモニターに表示させておけばいつでも見ることができるというわけですね。

というわけで、やってみました。

130509_1.jpg

Easy Monitor Configuratorというツールで、出せる表示を全部出して
適当に並べて設定、表示させています。
とりあえず出力はOK!

130509_2.jpg

ちゃんとコックピット内の表示と同じ画面が映し出されます。
なお、表示サイズも弄ることができるので
やろうと思えば地図をでっかく表示させたりとかもできるはず。
今回はCougar MFDスイッチパネルをディスプレイ上に置く関係上
このぐらいのサイズで表示してます。

とりあえず表示サイズや位置調整を整えたうえで
スイッチパネルを取り付ける工作に入ろうと思います。


そういえば、先日4枚目のディスプレイを表示させるとゲーム中
極端にFPSが下がる的な事を書いたのですが
よくわからないですが問題は無くなったみたい(IL-2や他のゲームでも)。
多少は負荷が増えているはずですが、実用レベルなので一安心。
スポンサーサイト
 

コメント

おぉ、かっこいいですなーホームコクピットはフラシムやってたら是非欲しいですよね~
民間機は全てのスイッチ類を含めた完全なコクピットを海外通販で買えたりするみたいですが軍用のは見たことないですね
2013/ 05/ 10( 金) 22: 46: 58| URL| Mido# -[ 編集 ]
 
海外のフライトシム関連のフォーラムなどを見ていると
物凄い本格的にホームコックピットを作っている画像とかを見かけますが
広い家で贅沢なパーツと物凄い時間をかけていて、正直うらやましくて仕方がない。
そこまでとはいかないけれど、いつかはもっと立派なものを作りたいと思ってます。
2013/ 05/ 12( 日) 00: 48: 24| URL| redler# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://redler.blog111.fc2.com/tb.php/757-8b7370ee