ジョイスティックの認識

今日はHOTAS WARTHOGを含めたキー設定などをやろうと思ったのですが
どうやらIL-2 1946では、認識できるゲームコントローラーデバイスが優先度の高い順から最大4個までに限られるような気がする。
IL-2側では、HOTAS WARTHOG Joystick、HOTAS WARTHOG Throttle、MFD1、MFD2と言う順で4つのデバイスは認識し、
それぞれジョイスティックのボタンのままキーの割り振りが出来ました。

つまり、今まで使っていたx52やスロットル、ラダーが認識されてないという状況に…。
とくにラダーペダルが動かないのがツライ。
他の物はボタンとして割り振っちゃえばある程度誤魔化せるけど
ラダーペダルだけはどうしても軸に設定できないとプレイしにくいでしょう。

で、とりあえずMFD1とMFD2のUSBを引っこ抜いてみると、順位が繰上げされ
x52とラダーペダルが認識するようになりました。
う~む、つまりラダーペダルを使うときにはMFDを2つとも取り外す必要がある…と。

色々試してみたところ、MFDを抜く→IL-2起動→MFDを接続、という方法で
ラダーペダルが効きつつMFDの接続状態にすることが出来ました。
MFDのほうはキーボードのキー入力を割り当ててしまえば使えるはず。
というわけで、MFDのほうはスイッチで接続をON/OFFできるUSBハブに繋いで
IL-2を起動前に一旦接続を切るという動作をすれば
何とかなりそうな感じです。
起動するたびに必ずやらないとラダーが効かないので
ちょっとメンドクサイですが…。
それでもMFDのボタンが使えた方がメリットがあるかなぁと。
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://redler.blog111.fc2.com/tb.php/761-c744ae30