紫電改ドッグファイト練習

昨日の続き。
紫電改でF6Fに挑んでおりますが
そこまで性能差が無いからなのかローリングシザースで後ろに回り込もうとしても
相手も同様な機動を取るといつまでも平行線でグルグルと回りあうパターンが多い。

F6Fにも乗ってみましたが、意外と操作性が良くてちょっとビックリ。
むしろ紫電改よりも良いんじゃ…なんて思うことも。
まぁどう機動を取っても逃げられないと言うのには納得。
それならばと果敢に後ろを取りに行くも
高速機としては、なるべくエネルギーは失いたくないというジレンマ。


140312.jpg

やはり低空まで高度を下げれば格段に戦いやすい。
紫電改の20mmは速さ、弾道もよくて射撃チャンスをものにしやすいですね。

ふと思い立ち、練習プレイですが動画にしてみようと思う。
思いのほかグルグル回っているプレイがntrkで撮れたのです。
また短編動画になりそうですが、さくっとアップしたいところ。
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://redler.blog111.fc2.com/tb.php/963-790a2195